nico rap live 略して、nrlが常識になっています。-通信3・4-

 


 皆さん、明けましておめでとうございます。


 新年一回目ですね。
 年末年始は多忙だったため、
 更新できなくて、申し訳ありませんでした。

 nrlまでもう日にちも時間も無いので、
 3・4回をまとめてお送りしたいと思います。

 まだ見ていない方で、
 お時間がある方は是非、以下もご覧ください。

 1回目となる前々回→nico rap live 略して、nrlが常識になっています。-通信1-

 2回目となる前回 →nico rap live 略して、nrlが常識になっています。-通信2-

 
 3・4回目は以下の皆さんです。
 
 UZURA
 MC壁
 おかき
 OMIT
 orz={9zo0
 clumsy psycho arts
 次郎(仮名)
 DJBOYN
 ニコメンドライヴ!
 ネジハズレッパ
 番犬
 plugnet
 振糸
 ラップ同好会
 らっぷびと
 RainyBlueBell

 
 これまで紹介した中では、
 男性が多くいらっしゃるニコラップにも、
 女性ラッパーさんがいらっしゃいます。

 この方。

 
 UZURA


 

 

 前者はtrackとテーマとしている”ワーキングプア”が、
 見事にマッチしているように思います。
 動画となっている日本昔話の方もいいですね。

 後者はとても言葉の滑らかさが耳に心地よかったですね。
 やっぱりHOOKの安定さは頭に残ります。
 
 実は、このUZURAさん。
 動画制作も手掛けていまして、

 

 ↑ こちらが作品リストになります。
 どれも、完成度が高いと思います。
 
 動画投稿サイトだけに、
 ラップも動画制作も上手いとリスナーとしては、
 ”凄い”としか言えませんね。

 ちなみに。
 イベントの方ではアルバムも販売されるらしいです。

 

 こちらの方で視聴できるらしいので、
 興味のある方は是非どうぞ。

 ラップのマイリストはこちらになります。

 

 ですが、女性ラッパーといいますと、
 UZURAさんだけか、いえばそれは嘘になります。
 

 ゆっきー


 上でご紹介したUZURAさんともコラボしてます。
 こちらですね↓

 

 動画制作もされていて、前回もご紹介させていただいた、

 

 こちらの動画もゆっきーさんの作品です。
 完成度が高い……!
 撮影日、とても楽しかった感じが伺えますw

 

 このゆっきーさんですが、
 今回ライヴではCREWとして出演されます。
 それが、


 plugnet


 読み方は「プラグネット」です。
 「Plugnet」や「プラグネット」で検索をかけると、

 

 こちらの楽しい曲が出てきますw
 聴いてるだけでゲームを楽しんでいるという雰囲気やヴァイブスが伝わってきますねw
 Plugnet名義ではこちらだけになります。

 ゆっきーさん以外では、


 まゆむし
 

 

 とても自由な言葉選びのテクニックが秀逸だと思います。
 さぽーさぽー。
 そのセンスから、

 
 
 こんな番組もやられています。
 これを更新した現在、第4回まで挙がっています。
 前回のnrlでは突如、ぐふんぐふん。
 来た人だけの楽しみでした、すいません!

 

 そして、最後に。


 フォレスト


 

 


 曲を聴いていただけると一目瞭然ですが、
 高速に繰り出されるリリックはもう確立しているのではないでしょうか。
 韻を踏む技術として、前者を挙げました。
 後者はフォレストさんのverse、特に後半が好きなので挙げましたw
 真似したら、絶対噛みますよ、これはw

 

 3人のCREWがこれまでに、
 RainyBlueBell、clumsy psycho arts、plugnet
 と紹介しましたが、まだいらっしゃいます。

 それが、


 ネジハズレッパ


 

 残念ながら、音源はこちらだけになります。
 3人の方々は今までソロで出されていたり、
 コラボやマイクリレーなどが多かったみたいですね。

 中でも、


 RESTA
 

 

 


 最初にご紹介したUZURAさんとコラボされている事が多いみたいです。
 声質的に作品上、良いものになっていると思います。

 

 そして、前回のライヴでオーディエンスをぶち上げてくださったのが、


 ラッパーマザファッキンクマー


 

 

 ライヴではレスポンスが凄いことになっていましたw
 ただ、ザレ個人としては、

 

 こちらをお薦めしたいです。
 じわじわ、リリックが染みてきます。
 説明文の「ちょっぴり切なくて、ほろ苦い。イマドキクマさんが贈る、超リアルシット」は本物です。
 ちなみに、上でご紹介したゆっきーさんが動画を作っています。
 良い感じだと思います!

 

 最後に、

 NOBY
 

 

 

 
 とてもリスナーに解りやすいリリックで、
 安定したフロウは聴いているこちらとしては聴きやすいですね。

 
 
 個人的にご本人とお会いしましたが、いい人でした、え?関係ない?、……すいません(ぇ
 それにしても、NOBYさん、NOBYさん、NOBYさん……
 どこかで見たような……


 DJBOYN 
 
 


 気のせいですね!



 MC壁


 

 

 熱いバイブスとは、
 また違った勢いのあるラップで、リスナーに強烈なインパクトを与えます。
 個人的には初ラップをした動画からのファンです。

 この個性はコラボになっても衰えることを知りません。


 

 

 という訳で、二つ挙げさせていただきました。
 前者は初めて聴いたときから感動が一切変わりません。
 動画、track、ラップ全てに置いて、お気に入りです。

 そして、お二人のスタンダードが垣間見える後者。
 あと、説明文より、

 「各々のバースで各々のオススメを紹介しています。
  引っかかったのならすぐにアマゾンでポチってください。」
 
 とのことなので、一度聴く価値あると思いますよ!
 

 おかき


 

 本人とお会いしたことがあるので、
 見た目とは裏腹なマシンガンなフリースタイルは驚愕でした。
 以前、上記の曲をこのブログで紹介しましたので、再度紹介です。
 
 ちなみに、

 

 BBP2009 UNDER20 MC BATTLEの、
 「KOPERU」氏とは友達かもしれませんね!

 


 次郎(仮名)


 正直、大ファンです。
 初投稿された時からずっと作品を見続けてきたので、
 ライヴに出ると知った時は泣きそうになりました。

 ソロの作品がほとんどなのですが、
 数がとても多く、どれを紹介していいのか悩みます。

 ですので、ここではあえて、
 コラボの方をご紹介させていただきます。


 

 

 前者は以前このブログでもご紹介した、

 

 こちらでファンになったNoahさんと次郎(仮名)さんとのコラボです。
 気に入ったお二人がコラボされただけでも満腹ですが、
 
 着目するはその内容ですね。
 お二人の掛け合いで織りなすリリックと動画が今でも感動として胸に残っています。

 後者は、年始初めて見たマイクリレーでしたが、
 クオリティが高くて曲を聴いた後、しばらく感動で固まっていました。
 次郎(仮名)さんのverseはリリックが凝ってると思います。
 赤目さんへの繋ぎが上手い!とも思いました。

 


 そして、
 個人的にもう1組、大ファンなCREWが、


 ラップ同好会
 

 はるばる博多から参戦ということで。
 一度、九州の方でライヴがあったのですが、
 オーディエンスとして行くことができなかったので、とても嬉しいですね!

 

 初めて見たのはこれでした。
 哀愁漂うtrackとネット社会を捉えるリリックが未だにツボです。
 これと打って変わって、アダルトな空気を漂わせるtrackが、
 
 

 こちらですね!
 当時は鼈甲仮面さんとぐっつぁんさんの二人だと思っていたので、
 ラップ同好会というには”同好会”のレベルじゃない!
 っと思ってしまうメンバーだと思ったのはザレだけではないはず!

 特に、ザレはぐっつぁんさんのファンでして。
 ぐっつぁん&六尾の二人のCREW「うまかっちゃんず」もチェックしてましたね。

 

 未だに、この曲はお気に入りの一曲です。
 六尾さんもいらっしゃっていたら、もしかしたら!と無駄に期待してしまうのでした。
 あと、メンバー的にご紹介したいのが、

 

 こちら。
 上でご紹介した次郎(仮名)さんや鼈甲仮面さんなど豪華な方々です。
 メンバーだけでなく、HOOKも格好いいと思いました。
 ばっちり合ってますね!

 




 っと、ここまで全力でお送りしてきましたが、
 この長い記事全てを確認するには時間が掛かりすぎる!
 そんな時間はありません!という方はいらっしゃるはず。

 そんな方は、

 

 

 こちらだけでも、確認してはいかがでしょうか?
 当日の出演者や後者に至っては、ラップまで楽しむことができますよ!

 →どこでやってるか知らない!
 →何時から始まるの?
 →入るのにいくら掛かるの?

 などの疑問点については、こちらでご確認ください。→ニコラップライヴ公式サイト

 

 さて、これで後は当日を迎えるのみとなりました。
 これを打っているザレ本人も、もちろん、nrl vol.2見てきたいと思います。
 中には、オープンマイクもあるとのことで。

 もしかしたら、紛れ込んでいるかもしれませんね!
 終わったら、ライヴに関してレポートさせていただく予定です!

 それでは、
 お会いできる方は、ライヴでお会いしましょう!




 
プロフィール

ZAREX

Author:ZAREX
サークル「ザレごま炒め」
言葉・文章・小説 担当
Fracreatal Studio事務担当
関西シリーズ 主催

アイコン画像はarisaさん作
(@arisa_2742)
2016年07月18日更新

検索キーワード:

ニコラップ
ネットラップ
日本語ラップ

2010年12月24日
アルバム「戯言=X」発表。
ダウンロードはこちらの記事から

配布終了

ZAREX 音源や参加曲
こちらの記事 から

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク