今日のBGM。



 CARRECが”MUSIC JUNKIE””スイカ夜話”のREMIXを公開

 これは聴いてみたいと思ったREMIXが聴けますよー。
 個人的には、韻踏合組合 feat.AMIDA, だるまさん, MINT - 前人未踏(CARREC REMIX) が良かったです。


 そして、関西のMC BATTLEではお馴染みのあきらめんさんが、
 アルバム「Don't forget me~感謝RESPECT~」を無料配信してますよ!

 Don’t forget me~感謝RESPECT~-あきらめん.zip

 こちらも是非、チェックしてみてはどうでしょうか!


lngファイルって何ですか?(ぇ



 部屋のCD整理をしていると、ネットラップ関連のCDの数が多いことに気付きました。
 NRLvol.1から今年のvol.3、広島versedayに、東京での集結やバースディとザレが行ける限りは行きました。
 その度に、CDを購入しているのでさすがに凄い量になっていますね(汗

 そのCDをパソコンに入れると、勝手に名前を入れてくれる場合があります。
 らっぷびとさんであるとか、有名なレーベルだと何もしなくて済むのですが、
 ほとんどが、アーティスト情報無しと打ち込まれ、
 音楽機器で聴いても”track1”などと表示され不便だったのですが、

 DAM-Tさんのブログ「今を生きる~DAM-T’s DIARY~」にて面白いソフトの紹介がありました。
 MP3のタグ打ちソフト「Mp3tag」についての紹介です。
 詳細はブログを見てもらいたいのですが、要するに自身で情報を書き込むことができるんですね。

 それがいちいち打ち込むことなく出来るケースもあるので、
 フリーダウンロードが増えていく現代には便利かもしれません。
 そして、現在そのソフトを使おうと必死にあれこれしているところです……。

 ……解凍したのにソフトが立ち上がらない?(ぇ



 

「戯言=X」 bonus trackの裏話。



 と言うわけで、2010年12月24日に発表された自身のアルバム「戯言=X」の、
 bonus trackの経緯や、裏話等々を記していきたいと思います。

 まだ、アルバムをダウンロードされていない方はこちらからどうぞ。
 暇があり、興味がある方だけ続きを読むから見ていってください。


 ↓
 

続きを読む

B BOY PARK MC BATTLE 2011 冬の陣 BEST16 FORK vs 抹



 

 安定感が半端ないですよねー。
 個人的にどちらも好きな2人だったので、凄い見ものな試合でしたw

 やればやるほど、フリースタイルで凄いってどういうことなんだろうと思います。
 動画の被せられる部分については、それだけ踏む韻が先読みできる程度と解釈できますよね。
 とはいえ、踏んでいないとだだ喋りに聞こえるのも事実。
 
 MC BATTLEって本当に難しいですよね……。
 だから、面白いのですがw


「この3人でやったらヤバいと思ったのと、トラックから自然とLITTLEの声が聴こえたので、2人に電話しました」



 KICK THE CAN CREW約7年ぶり再結集!

 KREVA新曲で活動休止後初CD化


 ソース:ORICON STYLE(オリコンスタイル)

 ソース:YAHOO!JAPAN ニュース

 
 mixiニュースでもあったので、ご存知の方が多いとは思いますが取り上げざるを得ないですよ!
 FGからラップを聴き始めた方は多いのではないでしょうか。
 となると、絶対に外せないのがKICKTHECANCREWですねー。
 
 再結成の話と言えば、ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008以来ですね。
 あの時にKREVAさんが、今のところそんな気はないですって言っていたので残念と言えば残念ですが、
 活動再開でなくても、再結集した事実だけでも嬉しい限りです。

 2月16日が楽しみすぎてしょうがないです。


今日の1曲。



 


 当ブログ「怠惰X二乗」ではDISやBEEFは極力、取り扱わないことにしているのですが、
 これは紹介しざるを得ませんでした。
 NRLなど事情を知らなくても、この1曲で伝わるのではないでしょうか。

 説得力のあるdopeな1曲を堪能してください。


nrl vol.3公式レポート(by one-one)



 one_oneのマジメでキチンとしたイベントレポート


 ということで、ニコラップ初期から交流のあるone-oneさんがNRLについてレポート書いています!
 ザレがNRLから帰って来ての報告ではよく分からない方もいたと思います。
 どういう曲がライヴとして行われていたのか一部始終記されているので、是非チェックしてみてください。
 
 ライヴに行った人でも、その時のことを思い出せる感じで良いんじゃないでしょうか。
 one-oneさんのレポート、次回は広島versedayだとは思いますw楽しみにしてますね!

 ザレが写真で映っているのは内緒です。



 

「戯言=X」 13 冬の打ち上げ花火+14 outroの裏話。



 と言うわけで、2010年12月24日に発表された自身のアルバム「戯言=X」の、
 13 冬の打ち上げ花火+14 outroの経緯や、裏話等々を記していきたいと思います。

 まだ、アルバムをダウンロードされていない方はこちらからどうぞ。
 暇があり、興味がある方だけ続きを読むから見ていってください。


 ↓

続きを読む

「戯言=X」 12 Daily life feat.ぐっつぁんの裏話。



 と言うわけで、2010年12月24日に発表された自身のアルバム「戯言=X」の、
 12 Daily life feat.ぐっつぁんの経緯や、裏話等々を記していきたいと思います。

 まだ、アルバムをダウンロードされていない方はこちらからどうぞ。
 暇があり、興味がある方だけ続きを読むから見ていってください。


 ↓

続きを読む

私信と情報のごった煮。



 ① mixiであったり、ラップスター咲であったりと、
 各所で情報公開があったので、ザレのブログでは今更かもしれませんが、

 らっぷびとさん、ご結婚おめでとうございます!

 2007年の「人として軸がぶれているらっぷ」からずっと応援していますが、
 別の意味で遠い人になってしまった気がしますw
 お2人に末永い幸せがあることを願っています。



 ② UZURAさんのブログ「富士の山頂」では、
 UZURAさんのニコラップ・ライヴのショーケースをfc2動画によって視聴する事ができます。
 見れなかった人は、雰囲気だけでも味わって見てはいかがでしょうか!

 ↓

 富士の山頂「休みだった」


 
 ③ Trash Section/惑星レディオジャックが欲しくてしょうがないです。
 
 MONI-FACE [ゼブラ 大吾病 灰Tone]の皆さんで作り上げたシングルなのですが、
 冬コミで委託されていた話は聞いたのですが、通販の話はまだ聞いていないので……
 ちなみに、試聴は → こちら



「戯言=X」 11 Break offの裏話。




 と言うわけで、2010年12月24日に発表された自身のアルバム「戯言=X」の、
 11 Break offの経緯や、裏話等々を記していきたいと思います。

 まだ、アルバムをダウンロードされていない方はこちらからどうぞ。
 暇があり、興味がある方だけ続きを読むから見ていってください。


 ↓


続きを読む

ニコラップ以外での、最近の音源紹介。




 ミスターコピーfeat.仮トン


 みるきーさんの曲で、trackは30min/dogさんです。
 個人的にはとても好きな曲でして、次から次へと話が展開される上に、
 ご本人の人間味がラップに反映されているせいか、展開が解っていても楽しめる一曲でしたw


 ただ、生きる。(Lupinus Remix)
 
 ぱんちゅさんの「ただ、生きる。」がより前向きになった1曲です。
 原曲のメッセージがより良く伝わっているように思えました。
 是非、お勧めです。


 Luv(sic) Part5 Remixes

 最後はネットラップではないですが、ネット上にUPされたShing02さんが原曲のremixリンク集です。
 ネットにUPされただけでネットラップと呼んでいいか判断が難しかったので、
 リンク集の紹介にさせていただきました。
 youtubeやマイスペースに挙げられているのはどう判断したらいいんでしょうか……?


 

フライヤー的な何か。



 

 


 『Enter key vol.4』
 2011年1月29日(土)

 渋谷NO STYLE
 http://dp43053767.lolipop.jp/ns/index.html
 東京都渋谷区道玄坂1-13-2-B1
 TEL : 03-3462-4375
 open15:00
 close20:00

 出演者
 MC
 Akito
 明日はCREW
 歩く性教育
 ENCORE Crew
 OROCHI
 オンレイ
 さくちょ
 SatooYuuya
 人面兎
 電波少女
 HEL
 ytr

 DJ
 歩く性教育
 人面兎
 Tiger
 まじなる
 
 
 微力ながら宣伝させていただきました!
 ザレは行けませんけども!!(NRLで金銭的に力尽きました。


nrl vol.3 DJOMIT setlist (2011/1/9)



 知らない内にone-oneさんに記事が紹介されて驚きました(汗
 その返しと言っては何ですが、こちらも相互的に紹介して見たいと思います

 NRLでOMITさんのDJTIMEで流れた音源のsetlistです。



 【にこらっぷ】やすらか茶【無人くん】

 


 【番犬】THIS IS REAL NET RAP【らっぷ犬】

 


 【ニコラップ】keep rock on【ミシシッピ☆テリーマン】

 


 【ニコラップ】明晰夢【人面DC】

 


 【MC NOSE】夢【ニコラップ】

 


 【ニコラップ】バイブスロケット【Yello】

 


オサラバ改 feat.RIPER,MAXBET / らっぷびと
(らっぷびと「remix.lab」収録)


 【かえで公】これ、もっとOOOいれたらどうっすか!?【精子】

 


 【ニコラップ】Loliiiiicon!【マイクリレー】

 


 バイブスロケットでは、Yelloがステージに立ったり、
 Loliiiiicon!では、観客の中にラップしていた本人の方々が盛り上がっていたりと、
 ニコラップが前面に出ているセットリストでしたw

 

今日の1曲。




 


 Rapstar Compilation Vol.1では、14 遊人(Play that beats)
 Rapstar Compilation Vol.2では、03 小悪魔DQN
 Rapstar Compilation Vol.3では、05 777
 Rapstar Compilation Vol.4では、09 チョ待ッテモウ限界ヤ
 remix.labでは、03 RAPしか出来なくて申し訳ない [remix]で、
 参加している青春やえざくらのお2人が、


 

 キキチガイをremixしました!是非、聴いてみてください。
 お2人の個性がよく出ている青春やえざくら色に染まった曲になっていると思います。



ネットラップ委託情報まとめ。




 【とらのあな様】

・「死にたがり/勇気を分けてくれた日」
・「remix.lab」
・「Rapstar Compilation Vol.4」
・「らっぷびと達の火を貸す冊子 2」 ※販売日未定


【メロンブックス様】

・「死にたがり/勇気を分けてくれた日」
・「remix.lab」
・「retry.lab」
・「Rapstar Compilation Vol.4」
・「Rapstar Compilation Vol.3」
・「らっぷびと達の火を貸す冊子 1」
・「らっぷびと達の火を貸す冊子 2」


【あきばお~こく様】

・「死にたがり/勇気を分けてくれた日」
・「remix.lab」
・「retry.lab」
・「マイルームウォーカー」
・「Basic Grass Market EP 1.0」
・「Rapstar Compilation Vol.4」
・「Rapstar Compilation Vol.3」
・「Rapstar Compilation Vol.2」
・「Rapstar Compilation Vol.1」

 【各CDの詳しい詳細はコチラ】

 ザレも利用させていただいたことがあるので解るのですが、
 近くになくても通信販売があるのでお店が近くに無くても購入できます!
 地方の方も購入できるので、イベントで購入できなかった人は是非どうぞ!


 そして!!


 NRLが初の販売となった、リヒトさんのアルバム「JACK YOUR PLAY LIST」の委託も始まりました!
 詳しくはこちら。

 ↓

 リヒト旅行記「通販開始」


 

Comic Treasure 17 前日告知(遅




 ネットラップ記事が続く中で、通常更新に戻すのも抵抗ありますね(汗

 ザレは、サークル「ザレごま炒め」の言葉・文章・小説担当なのですが、
 その相方のイラスト担当であるごまだんごがサークル参加するのでご報告させていただきます。

 以下、告知です。

 Comic Treasure 17

 2011年1月16日(日)

 会場:インテックス大阪

 スペース:J-27b

 サークル:団子屋本舗

 代表者:ごまだんご


 以上、告知です。

 ザレとしても、ごまだんごソロで何か同人誌を作るということ自体、
 初めてということなので期待半分、不安半分です(ぇ

 当日はごまだんご(ソロ)の初オフセット本(¥300)と、
 ザレごま炒めの過去本(無料)などを、持っていく予定になっています。

 オフセット本に至っては当日受け取りなので、まだ現物を見ていないせいか心配しかありません(汗
 足を運ばれる方は、当日お会いしましょう!

 言葉・文章・小説担当:ZAREXa.k.aザレ



nrl vol3 内外の意見+本スレ抜粋。



 NRLから早5日経ちました。
 あれから、各所で感想があったので、まとめてみました。
 そのうちの一つが、NOBYさんがまとめていた、

 nrl vol3 内外の意見
 
 ↑ こちらですね。

 上々な声が多いみたいですね。
 普通のクラヴで行われているライヴと大きく違っている点が、
 リスナーの方によって、受け取り方が色々あるみたいですね。参考になります。
 それにしても、MC壁ww

 一方、ニコラップの本スレでもNRLに関して、感想があったのですが、

 ↓

 287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/01/13(木) 07:07:12 ID:vxggB7Ym0
>>284
個人的な感想

GLA.boy、期待してなかった分中々良かった
振糸、ライブは下手ではないが曲が微妙
ラッパークマー、トップバッターでもあり、個人的にかましてた
あはんれいでぃお、悪くはないがイマイチ
赤目、トークとか自分に酔いすぎててキモかった
アリレム、誰かの客演で良かったレベル、コイツに15分もいらない
番crew、パッとしない
バルトリン、REMIX版とかじゃなくて普通にやって欲しかった、AOの声小さい
MarGenal、そういうの求めてないから来年は出なくていいです
plugnet、悪くない
RESTA、歌い方とかナルシストできもかった、今回ぶっちぎりで一番ださかった
リヒト、良い感じ、これからに期待
UZURA、ソロだとちょっと微妙かも
らっぷびと、今までに比べるとやった曲が盛り上がりにかける曲が多かった気がする
Cherry Brown aka Lil'諭吉、退屈すぎて時間がめちゃくちゃ長く感じた
MINT、全くもって良くなかった、サムイ、だいたいニコラッパーじゃないだろ

確かに今回は全体的に見てもかなり微妙だったな
とにかく来年はMINTとかLil'諭吉とかその辺は出ないでいいよ
来年に期待

  ↑

 あくまで、1個人の感想ですし、それに対してどう、という訳ではないのですが、
 やっぱり、1つのイベントとして成功していると同時に失敗している部分は付き物だと思います。

 ニコニコ動画という一つのコミュニティとしての”ニコラップ”、
 その発展系として見られている部分もあるニコラップ・ライヴですから、
 一つのライヴとして、そもそもの見方が違っているのかもしれません。

 投稿されている曲をやるとしたら、リスナーとしてはリアクションは取りやすいですし、
 レスポンスは、色々解っているリスナーの方々が多いと思いますので、必然良くなりますよね。
 そういう意味では、そのコミュニティ内の人たちだけで盛り上がっているだけに見えても仕方が無い気がします。

 ザレの周りでも、そのいわゆる”身内ノリ”が嫌いな方は多いですね。
 ザレ個人としても、身内ノリで終わって欲しくないところです。

 ニコラップのタグをつけられたラップを聴いている人たちから、
 その人に何も知らずについていった人や、偶然このライヴを知り、足を運んだ人まで実に様々だと思います。
 その全員を100%満足させるのは最初から難しいのもまた事実です。

 ですが、1アーティストのライヴをしたら、
 そのアーティストのファンやそのジャンルを愛する人たちが集まるのも必然でして。
 その必然を身内ノリというのは別の話な気がします。

 要するに、身内ノリは”そのコミュニティの中でしか通じないことをすること”と受け取っています。
 ニコラップを確認していない人たちでも、ニコラップやべぇ、すげぇ、かっけぇと言わせるのが、
 ニコラップ・ライヴの課題ではないでしょうか。

 それが出来ているかどうかは、いつもニコラップをチェックしてしまっているザレには解りません。
 ニコラップ内のリスナーとしては満足なライヴでしたが、そうでない人もいるみたいですね。

 本スレの方も、無名とはいえこれだけの真摯な評価を、
 全員にしているのは1つの意見として捉えるべきではないでしょうか。
 ライヴが本当に嫌なら途中で帰るはずですので(実際、ザレの周りにそういう方がいました。
 
 vol.1から見続けているザレとしては、毎年色んな問題が改善されていっているので、
 どんどん良いライヴになりつつあると思うので、
 来年のライヴは今年のライヴを超える勢いで行って欲しいですね。


ニコラップ・アルバムとtrack提供。



 
 NRLでの疲れがまだ取れないですね……(挨拶

 ザレの報告では満足できない方は是非、
 UZURAさんのブログ「富士の山頂」、nrl vol.3の思い出を見てください。
 出演者であったのもあって、詳しく記されています。
 UZURAさん、お大事に。そして、本当にお疲れ様でした。
 
 NRLの熱も冷めない今日この頃ですが、
 ニコラップ界隈でアルバムが出ていたので、そちらの方の紹介と、
 1ヶ月に1度のニコラップ・レビューで取り上げないものを紹介することにしました。
 たぶん、こちらは気まぐれだったりするので期待しないでください。


 まずは、アルバムの紹介になります。


 

 安定したスタイルでラップを繰り出すチェスナットさんが、この度、アルバムを出されました。
 もちろん、zip配布もあるので、気に入った方は落とされてみてはどうでしょうか。
 チェスナットさんのラップとtrackの組み合わせがばっちりな「step up」がお勧めです。
 それにしても、チェスナットさんの絵って好みなんですよねー(ぇ


 

 マイメン、リッポがアルバムを出しました。
 こちらもzip配布があるので、気に入った方は落としてみてはどうでしょうか。
 ソロでも十分、インパクトのあるリッポなのでやっぱり客演のある作品は特に良いですね。
 ザレは、「ZI・GO・RO」お勧めです。 


 

 新年一発目のBTSのtrackということで、
 trackだけでも聞けてしまいそうなぐらいの世界観!
 たまらない黒さが広がっています。 


 

 

 ニコラップのニコラップ良作リンクのほとんどに関わっているkerberosさんがトラック提供されています!
 それだけで、ぶち上がりましたが、トラックの内容はトラックだけでも聴けそうな勢いでした。
 誰がラップをしていただけるのかと、楽しみでしょうがないです。

 

 と言うわけで、ここ最近ニコラップの記事が続いていますが、
 話題や雑談なども普通に更新に戻していけたらなぁっと思います。



NRLから帰ってきましたので、色々と。



 BTSさんのブログ「稀に筋金」を覗いて見たら、

 >nrlぅぅぅぅ! グギュララララララェェェェ!!
 >楽しかったですか! そうですか!!
 >いいもんその分バースデイで楽しむもん!!

 >という訳でまた土産話とか聞かせて下さい。

 ……なるほど。
 つまり、グギュララ(ry

 >という訳でまた土産話とか聞かせて下さい。
 >という訳でまた土産話とか聞かせて下さい。
 >という訳でまた土産話とか聞かせて下さい。

 っと、ご希望されているみたいなので、ザレが勝手に話しますね!(ここまでが挨拶
 もちろん、NRLことニコラップ・ライヴvol.3についてです。
 こちらですね。


 ↓

 ・2011年1月9日 「nrl vol.3」

 場所 渋谷milkeyway
 時間 16.00-22.00

 出演者

 GUEST LIVE /MINT CherryBrown

 LIVE/ らっぷびと plugnet バルトリン アリレム
    赤目 リヒト RESTA UZURA ラッパークマー 
    振糸 番Crew GLA.boy あはんれいでぃお
 
 ↑

 個人的な話すぎるものはmixiで記すことにします。
 とはいえ、毎回ライヴに行くと記憶が飛んだり、セットリストや順番を忘れてしまったりと、
 中途半端な記事になりかねないので全員レビューはしないことにしました。

 箇条書きで色々記しておきたいと思います。
 疲れてるんです……OTL


 ・始まってすぐ、入り口から物販スペースまで人の列。

 ・one-oneさん、最前列で撮影(定番)

 ・クマーさんの「ラッパークマーのテーマ」が熱い!

 ・クマーさんの「スーパーハーコーマザファッカー」のlyric、変え方が酷いですww(褒め言葉

 ・GLA.boyの「ロードムービー feat.オンレイ/GLA.boy」Pro K'sでぷちゃへんざ。

 ・振糸さんの「なりきり☆ぱーりーぴーぽー」は初めての人でも親しみが持てるのにリアルすぎて熱い!

 ・plugnetからゆっきーさんが抜けての電波少女で「七夕ボルケーノ」は上がりますねw

 ・↑髭さんが生き生きとしていたのは気のせいですかw

 ・番CREWのお3方がキレッキレで、しばらくポケーッとステージを見ていました。

 ・ステージの途中でNOBYさんが入場料金の謝罪。

 ・あはんれいでぃおがこのライヴでラスト。ニコラップの悪!ニコラップの悪!hookが簡単なのがキャッチーでした。

 ・アリレムさんのRap Side Makerでぷちゃへんざ! 

 ・アリレムさん、別の曲で「この曲一番叩かれてるんだよね!」と気にしていることを吐露。

 ・RESTAさんの客演でDAM-Tさんがライヴ。

 ・リヒトさんの「I'm still here」で泣きました。

 ・バルトリン、ラスト。鶉企画から「電波少女」、魂温泉で「Rainy Blue」が活動発表。

 ・まじなるさんの「侵略!イカ娘」辺りの繋ぎでぶち上がる。

 ・↑明らかにA-BOYでないB-BOYな方がまじなるさんのテクニックでぶち上がる。

 ・まじなるさんのDJでぐっつぁん(fromラップ同好会)の「あずにゃんペロペロ」が使用されて感動!!

 ・Cherry Brown「HIPHOPの現場でやるといつも引かれるけど、(盛り上がってくれて)お前ら最高だ!」

 ・MINTさんのドキュメンタリーのカメラ撮影班が後で始まる前から終わる時まで撮影していました。

 ・Cherry Brownさん、MINTさん、ステージの上、2人で追いかけっこ。本当に楽しそうでしたw

 ・らっぷびと大先生のMCが熱い。ラストに「RAPSTAR」でNOBYさん、ハシシさんがライヴとこれまた熱い!

 
 全ての時間を通して、ずっと最前列にいました。
 ずっと楽しみにしていただけあって、楽しませていただきました!
 また来年も足を運べたらなぁっと思います。

 最後に、手に入れたものから、物販で購入したものを記しておきますね。

 ↓

 ① 先着100名に配布されたコンピレーション・CD

 1.nrl vol.3 マイクリレー/振糸,GLA-BOY,アリレム,RESTA,人面兎,ラッパークマー,UZURA,佐藤裕也
 2.じょいなす!feat カケル3号,Yello/振糸
 3.FAT HOUS!!!/赤目
 4.肉棒ソムリエ feat MC壁/人面兎
 5.僕の休日 feat NOBY/Two Face
 6.mad session REMIX feat かわ,成金小僧/番crew
 7.Winter Bell/RESTA
8.I Love Rap/ラッパークマー
9.United Square/バルトリン

 ② remix.lab / らっぷびとを中心とする方々が参加したremix album

 ③ Rapstar Compilation Vol.4 / ジャンル問わずRAP MUSICを集めたコンピレーション

 ④ 死にたがり/勇気を分けてくれた日 / らっぷびとソロ

 ⑤ JACK YOUR PLAY LIST / リヒト

 01 今に解る
 02 東京ショッピングストリー
 03 海の見える町
 04 ポーカーフェイス
 05 性格ビッチ
 06 メリー
 07 それでも彼はバルセロナを目指す
 08 とある飛空士への追憶
 09 シークレットガーデン
 10 for sure one day
 11 I'm still here
 12 ひぐらしの鳴く頃に
 13 ???

 ⑥ まゆむし手作りクッキー + 特典「まゆむしチャンネル」Disc2枚

 Disc1

 第一回「ラブ」
 第二回「犬」feat.番犬
 第三回「ボス」
 第四回「ガボチャ」feat.フォレスト
 第五回「紹介」
 おまけ

 Disc2

 第六回「七夕」feat.電波少女
 第七回「仏」feat.Anne
 第八回「股開き」feat.あはんれいでぃお
 第九回「熊」feat.ラッパークマー
 第十回「麦酒」feat.NOBY
 おまけ

 ⑦ まゆむしチャンネル オーディオCD

 1.ファミコン体操
2.Orange Midnight feat.フォレスト
3.beer boy feat.NOBY
4.黄緩ドゥピュ
5.ベアナックルfeat.ラッパークマー
6.七夕ボルケーノfeat.電波少女,フォレスト
7.L.I.P feat.あはんれいでぃお
8.カラクリの雨音(がremix)

 ⑧ ALIBUM / アリレム

 01.Intro
02.Rap Side Maker
03.MR.LEMON WATER
04.ラップしてやせてみた
05.いつでもホリデイ
06.twisted
07.AROUSE
08.overreaching
09.princess
10.shut down

 ⑨ 鳥籠エムシー「もくもく」/ ゆっきー

 1.MAL(靴みがきRMX)
 2.いきる
 3.もくもく
 4.Girls Lesson
 5.ジャスコ
 6.samantha

 ⑩ RainyBlue demo@NRL3


 っと、ザレが購入したものは以上でした。これ以外のCDは既に持っていたので(汗
 本当に出演者の皆様、並びに、NRLを見に訪れた皆様、楽しい時間をありがとうございました!

 

「戯言=X」 10 good timeの裏話。



 と言うわけで、2010年12月24日に発表された自身のアルバム「戯言=X」の、
 10 good timeの経緯や、裏話等々を記していきたいと思います。

 まだ、アルバムをダウンロードされていない方はこちらからどうぞ。
 暇があり、興味がある方だけ続きを読むから見ていってください。


 ↓


続きを読む

「戯言=X」 09 今昔映写機 feat.次郎(仮名)の裏話。



 と言うわけで、2010年12月24日に発表された自身のアルバム「戯言=X」の、
 09 今昔映写機 feat.次郎(仮名)Eの経緯や、裏話等々を記していきたいと思います。

 まだ、アルバムをダウンロードされていない方はこちらからどうぞ。
 暇があり、興味がある方だけ続きを読むから見ていってください。


 ↓

続きを読む

「戯言=X」 08 friend?の裏話。

 

 と言うわけで、2010年12月24日に発表された自身のアルバム「戯言=X」の、
 08 friend?の経緯や、裏話等々を記していきたいと思います。

 まだ、アルバムをダウンロードされていない方はこちらからどうぞ。
 暇があり、興味がある方だけ続きを読むから見ていってください。


 ↓

続きを読む

ニコラップ・レビュー2010-12




 12月分のニコラップ・レビューになります。
 毎回ながら、このレビューはザレの独断偏見好みで成り立っています。
 ご了承の程、よろしくお願いします。


 

 正直、11月に入れておきたかったぐらいの時事ネタが盛り込まれていますね。
 12月にまとめてレビューするのが本当に残念でした。
 コメントでもありますが、ライムフェチにはたまらない韻踏みまくりの曲なのですが、
 内容もしっかりとしていて、主張もあるのでこれは外せませんでした。
 0:52のlyricは不謹慎ながら笑いましたw


 

 コメントでラップのみが初心者くさいというのがありましたが、
 個人的には言葉が軽いかどうかでそのボーダーラインが決まると思っているので、
 言葉が切実で、軽いものには思えませんでしたし、trackと動画がそれをさらに相乗させてますよね。
 人によっては物足りないかもしれませんが、ザレは満足でした。


 

 お待ちしていました。クマーさん、お久し振りです。
 今までの作品と違い、熱い内容となっていましたが元々フロウとライムがしっかりしている方なので、
 こういう作品を待っていた方も多かったんじゃないでしょうか。
 聴き易い曲になっていて、正直な声が聞けると思います。
 LOVE LOVE FUNK!! LOVE LOVE RAP!!


 

 元々、ソロで聴き応えのある作品を出していたオンレイさんが、EPを出したとあれば無視できません!
 とはいえ、オンレイさんだから、という理由で選んだのではなくて、
 1曲1曲クオリティがあり、1曲1曲が好きだったので紹介させていただきました。
 BTSさんのMIXテープにも収録された4曲目のLonely One Wayが好みでした。
 音源配布もあるので、気に入った方は是非落としてみてください!


 

 再生数が伸びていませんが、マイリス数を見ていただければご理解いただけるように、
 一部で有名なライオネルちんちんの皆さんです。
 アンダーグラウンド的な空気が満載な黒さがたまらないです。
 過去に出してらっしゃる曲も注目されてもいいと思います。


 

 ただの宣伝乙。

 って言わないでください。すいません、投稿者とはいえ、紹介したくもなります。
 マイクリレー企画で、都道府県で集まってこういうことをしている曲ってそれだけで貴重だと思う訳です。
 もちろん、京都にいる人しか解らないネタも盛り込まれているので、?っとなった方もいるかもしれません。
 何より、trackがヤバいと思います(何


 

 毎回、紹介させていただいているmaho-さんなんですが、
 前回もたぶん同じ事をコメントしていると思うのですが、動画も凄いんですよね。
 表現として、視覚的にも聴覚的にも楽しめるものになっていると思います。
 劣化版りこんだけは見過ごせません。世界観がまるで違います。


 

 ソロのラップだけでも格好いいNOIZEさんが元々格好いいアリレムさんのRap Side Makerをカバーした曲です。
 正直な話、カバーした曲ってあんまり好きではないのですが、
 NOIZEさんの色に見事染まっている曲になっているのではないでしょうか。
 ライヴで見てみたいですねw


 

 まず、trackがおしゃれですよね。それに見合っている動画もいい感じです。
 そのtrackに、あまり装飾的でない言葉が実にアダルトで、見事にtrackと融合しています。
 特に好きなのがhookですね。
 粗末ながらhookもistですとコメントでおっしゃってますが、istさんがやって正解だったと思います。
 冬の夜、車の中で聴きたい1曲でした。


 

 trackの時点でこれかーwっと思ったのはザレだけではないはず。
 そして、ニコラップオブザイヤーで2011年に期待の方として推させていただいたtogarinezumiさんです。
 何よりスタイルとして、正直な言葉なのでとても聴きやすいです。後は突き詰めていただきたいです。
 それにしても、このtrackの時点でtogarinezumiさんの色が出ている気がするのはザレだけでしょうかw 


 

 trackのintroの時点で「おっ」と思った1曲なのですが、
 Make Luv Worksの3人の人たちの個性がそれぞれにverseで発揮されていて、「おぉ」っとなりました。
 個人的には、Starscreamがツボでした。
 動画もいい感じに雰囲気を作り上げ、大猫さんが最後畳み掛け、いつの間にか聴き終わってました。
 気になったラインは人工物がナチュラル。
 

 

 ちょwwっと言いたくなるほど、ラップスター咲で取り上げられたせいか、マイリス数が凄いになってますねw
 12月を代表する1曲になっているんじゃないでしょうか。個人的に季節ネタは好きです。
 とはいえ、verse毎にラップとしてもいいですし、verseとverseの間の台詞もいいですよね。
 個人的に”子どもの頃思っちゃう 心躍るおもちゃ”はやられました。


 

 マッシュアップなので、紹介しようかと迷いましたがRIPERさんの好きな作品同士だったので、
 こちらで紹介することにしました。確かに、元の原曲を知らないと、?となるかもしれませんが、
 この曲単体としても、曲として成り立っていると思うので、是非初見の方でもお勧めです。
 元からこういう曲かと思ってしまうぐらい自然で驚きましたw


 

 毎回、曲と動画とともに完成度の高い曲を届ける寛治さんですが、
 フロウがガチガチではなく、自由度の高い言葉の繰り出し方がいつも魅力的だと思います。
 且つ、動画的にもlyric的にもストーリー的な展開があるので、リスナーを飽きさせないのがいいですよね。
 動画の始まり方や、オチのつけ方に至るまで全て好みでした。
 ご馳走様です。


 

 12月のザレのMVPでした。
 相手に伝えたい想いを見事にlyricに反映させていて言葉が切実でした。
 1回聴いただけで、マイリス行きでした。
 是非、聴いてください。mp3配布もあるので、是非どうでしょうか。


 

 正直、紹介しようか凄く悩みましたw これはww
 hookが来るたびに不謹慎にも笑ってしまいましたw
 ユーモアという意味でも、リアルという意味でも凄いですw


 

 ONE PIECEをネタにラップしているのかなぁっと正直思っていたのですが、
 それだけで終わっていない内容が「おぉ」っと思いましたし、普通に上手いですよね。
 キャッチーなhookが口ずさみたくなります。
 動画の雰囲気もいいなぁっと思いました。


 

 この記事だけでも既に3つ目な文鳥さんなので、ご理解いただけるとは思いますが、
 制作ペースが半端ないコンスタントに出されているだけでも凄いのですが、
 クオリティが劣化していないんですよね。本当に凄いです。
 この曲のアイディアとしては誰でも思いつきそうな感じですが、
 完成度の高いlyricがセンスありすぎて凄いです。
 文句無しのニコラップ良作の作品でした。

 

 

 注目なのが初投稿の方なんですよね。
 trackはタイトルからご理解いただける人もいる通り、大吾病さんです。
 lyricがないので、解らない部分もあるかもしれませんが、それを差し引いても聴きやすい曲でした。
 とはいえ、lyric表示は欲しかったのが本音ですね。
 次回作も期待です。 


 

 

 まとめて2曲ご紹介のmaho-さんです。
 毎回maho-さんの動画を見る時は凄い構えますねw 見ることに集中しないと飲み込まれそうなので。
 世界観という言葉も適切かもしれませんが、lyricが詩的に見ても面白いことをしていると思うので、
 動画でこれは出して、正解なのかもしれません。動画も毎回凄い……。
 特に、後者はモダニズム詩集で読んだことのある詩っぽくて個人的には凄いと思いました。
 

 

 感情の込められた言葉がある意味ラップのいいところであり長所と思っていますが、
 それが曲で伝えるとなると難しいですよね。
 韻の配置や安定したフロウが言葉を相手に真摯に伝えていると思います。
 純粋に格好良かったです。


 

 この記事を上から順番に見ている方にはご理解いただけると思いますが、
 かるまtheZIPPER - チャリパク犯へ告ぐのみるきーさんのremixになります。
 原曲が軽くなって、聴きやすくなっているように思えました。
 原曲もいいですが、個人的にはこっちも好きでした。


 

 コメントでも心配されている方がいましたが、ザレもその中の一人です。
 文鳥さん、休んでいいんですよ!?
 それはさておき、賢者バカさんのtrackに見事に乗りこなしているverseが上手いですね。
 でも、やっぱり、hookですよねw癖になりますww


 

 元々、聴きやすいCHESTNUTさんがhookを歌うキャッチーな1曲になっていますが、
 BLACK EYESさんのverseがとても聴き取りやすく、曲として動画が無くても聴ける1曲になっています。
 冬の1曲としてこんなラブソングはいかがでしょうか。


 

 純粋に格好良かったです!
 お2人ともスタイルが安定していて、お2人のスタイルの組み合わせがそもそも良かったのかもしれません。
 verseのlyricに関して、勘繰れる部分がありますがご本人たちいわく、
 特定の人DISではなかったみたいです。
 またこのお2人の曲が聴いてみたいものです。


 

 hookがとても聴きやすくキャッチーなのに、verseがとても乗りこなされていて、
 hookとverseとラップし分けていて、聴いている自分としては飽きさせない感じで良かったです。
 それにしても、hattoriさんのトラックメーカーさんの名前を表示しているのは良いですね。
 それだけでリスペクトの意思があるように見えて、一種、覚悟があるみたいで作品に対して真摯ですよね。
 これからもそうしていただきたいものです。


 

 さぁ、ニコラップを昔から聴いている人にはたまらないアルバムが来ました。振糸さんのEPです。
 コメントを見る限りでも、否定派の方はいないぐらいの完成度が圧巻ですね。
 毎度安定しているフロウとlyricはとても聴きやすく、featの方がいる曲では映えますよね。
 mp3配布もあるので、気に入った方はいかがでしょうか!


 

 とても感情的なラップとlyricがいいですよね。
 やっぱり、衝動的な言葉には荒削り感があるのは避けられないですが、
 それ以上に届けたい言葉があるので、自分に対して、正直だと思うんですよ。
 何より、マイリス数が正直。
 

 

 ちゃんぽんさああああああああん!!!ぐふんぐふん、失礼しました。お久し振りです。
 コメントにもある通り、ラップ自体も上手くなっていますし、聴きやすくなっていますね。
 mp3配布もあるので気に入った方は落としてみてはいかがでしょうか。


 

 何ですか、この面子は! 誰得? いいえ、ザレ得です(ぇ
 BlueBeat,Tigerのお2人でも満腹な上、それに聴き劣りしないラッパーの皆さん。
 これは是非クリスマスに聴きたいですねぇw
 何より楽しそうな雰囲気が良かったですw


 

 何故、伸びないんでしょうか……。
 マイメンのリッポの作品ですが、贔屓しているわけではなく、
 trackの雰囲気をそのまま活かされている純粋に格好良い作品になっていると思います。
 盛り上げるプログラム起動するパスワードはRIPPO


 

 ザレもmixiのボイスでマイミクさんが教えてくださるまで知らなかった1曲です。
 ハム狂っぽいっとコメントがありましたが、この人はこの人で確立されているように思えます。
 声質が似ているのは確かにそうは思いましたけども、それを差し引いても魅力的な1曲でした。
 hookがゆったり聴ける感じでたまらなかったです。
 istさんのtrackと声質がマッチしてましたね。


 

 ついに、10回目達成ですね!おめでとうございます!
 毎回楽しませていただいています。動画としても、1つの番組としても面白いのでたまらないですw
 まゆむしさんの描いた絵がツボでしたw
 最後の曲も雰囲気がたまらなくザレの好みだったので、嬉しい限りです。
 mp3配布はまだですか!?(落ち着け

 

 っということで、2010年全てレビューし終えました。
 11月より多かったので、大変でしたが聞き直す意味合いでも楽しんでやらせていただきました。

 紹介させていただいた方の中で、自分のは削除して欲しいという方は
 お手数ですがコメントの方で非表示でおっしゃってください。
 誰にも気付かれないように削除しておきます!

 年明け早々ということで、2010年もう一度振り返って見てはいかがでしょうか。
 2010年のレビュー分です。

 ↓
 

 ニコラップ・レビュー2010-01
 ニコラップ・レビュー2010-02
 ニコラップ・レビュー2010-03
 ニコラップ・レビュー2010-04
 ニコラップ・レビュー2010-05
 ニコラップ・レビュー2010-06
 ニコラップ・レビュー2010-07
 ニコラップ・レビュー2010-08
 ニコラップ・レビュー2010-09
 ニコラップ・レビュー2010-10
 ニコラップ・レビュー2010-11


 長い記事、見ていただいた方はお疲れ様です。
 ここまで見ていただいてありがとうございました!


「戯言=X」 07 NO LOGIC NO LIFEの裏話。



 と言うわけで、2010年12月24日に発表された自身のアルバム「戯言=X」の、
 07 NO LOGIC NO LIFEの経緯や、裏話等々を記していきたいと思います。

 まだ、アルバムをダウンロードされていない方はこちらからどうぞ。
 暇があり、興味がある方だけ続きを読むから見ていってください。


 ↓

 

続きを読む

NRLはニコラップライヴの略ですよー!



 勝手に片リンさせていただいているUZURAさんのブログ「富士の山頂」で、
 nrl予習だよ!とあったのを見て、これは全員取り上げなければ!(変な使命感とも言う)
 と思い、NRLの宣伝も兼ねて、出演者紹介をさせていただきます。

 NRLに行きたいけど、最近、ニコラップ見てないし……という方や、
 ニコラップ知らないけど、出演者を見てなんか興味が湧いたから悩んでいる方まで、
 色んな人が周囲にいたので、この記事が何かの参考になれば幸いです。

 nrl vol.3の「artists」の順番で紹介したいと思います。
 ↑もちろん、こちらで確認していただいても構いません。
 なお、今回の紹介では出演者の方の下にマイリストを貼っておきました。
 この記事で物足りない、この人の曲を聴きたい!と思った場合は、開いてみてください!

 GLA.boy



 このイベントは3回目になるのですが、
 1回目に足を運んだのがラップを始めたきっかけ。
 ↓ 下記のイベントNew Comersのイベントも主催している人物です。





 最近ではネットラップの今を一枚に詰め込んだコンピレーションアルバム「NET WORKS vol.1」の、
 07.「ロードムービー feat.オンレイ/GLA.boy」Pro K'sにも参加しています。

 ↓

 


 振糸



 2010年の8月7日に行われたイベント「集結」では、熱いライヴを見させていただきました。

 

 最近だとこちらのE.Pを出されたのが記憶に新しいですね。
 完成度の高い曲に動画でzip配布までされているので、リスナーにはたまらないことになっています。
 最後に個人的には、

 

 K'sさんの綺麗なtrackに、切実なリリックを抜群の安定感あるフロウで振糸さんがラップします。
 これは間違いなくライヴで聴いた方がリスナーにとってはいいと思います。
 集結のイベントで聴いた時は、心に響くものがありました。



 ラッパークマー

 

 nrl vol.1では凄い盛り上がりをライヴで見せていただきました。
 最近では一番話題になっている、

 

 こちらの熱い曲なのですが、是非ライヴで見てみたいですね。
 とはいえ、ラッパークマーさんと言えば、

 

 やっぱり、こちらのイメージが強いのでこちらも見てみたいのは正直なところですけどw
 ↑ こちらの曲を確認していただいた後は、

 

 そしたら、最後の曲のまゆむしさんのverseのネタが解りますw
 ご本人も出演しているので、是非ご確認をw

 
 あはんれいでぃお

 

 残念ながらマイリストがないのですが、公式HPの方でこちら↑を紹介していたので、
 こちらでも貼らせていただきました。

 あはんれいでぃおの皆さんに関してはニコニコ大百科に載っている通りだと思いますが、
 一応、対応できるようにあはんれいでぃおの検索結果を貼っておきます → こちら
 
 2010年のコミックマーケットでは11曲入り1000円の100枚限定販売をされたのですが、
 (当日に完売したため、通販が決定しました)

 


 赤目


 

 ニコニコ大百科にまで載っている赤目さんなのですが、
 マイリストを見ていただくとご理解いただけるのですが、
 今までの曲をほとんど削除されていまして。その代わりに、下記の動画が残っています。
 2010年の8月にこの動画で過去の曲をまとめて以来、ソロを出されていないのが残念なところ。

 
 

 アリレム

 

 知っている人は知っているSCUBAのインタビューで真摯な姿勢を示したアリレムさんです。
 ニコニコ大百科にも載っている方なのですが、

 

 こちらのRap Side Makerで一躍有名になられた印象が強いです。
 この曲のremixをしたニコラップの方々も多いですね。
 一応、前回であるNRLvol.2では、

 

 こちらの方を披露されていたのですが、今回のセットリストはどうなるのか期待ですね!

 番Crew

 

 番crew名義で投稿されているのはこちらだけでした。
 MCまめしばさん、佐藤裕也さん、暫定69さんの3人で番crewの方々ですが、
 1人1人ソロでも格好良い人たちなので、ライヴでも期待です!


 バルトリン

 

 

 元は電波少女(hasisick bug、FUNKY髭HANK)と、Rainy Blue(雨天決行、トップハムハット狂)の
 2グループが合体して出来たCREWですが、とにかくライヴで盛り上がれること間違いないですね!
 上記の曲以外にもぶち上がれること必至です。


 MarGenal

 

 

 そして、自身のニコニコ生放送でDJ配信をやっていたりするまじなるさんですが ↓

 

 ザレ自身、初めてなので凄い楽しみです!
 一応、動画も貼っておきますね。

 

 


 OMIT



 ↑ ニコラップの音源をMIXし、一つの音源としてまとめた”ニコメンド”企画者でもあるOMITさん。
 この他にも、ネットラップの情報をいち早く届けるbeat magazine SCUBAの更新もされています。
 

 orz={9zo0



 恐らく、今回の参加者の中で(投稿日時的に)古株であるお方、9zo0さんなのですが。
 前回であるvol.2ではオープンDJをやっていて、スタートからぶち上げてくださいました。
 今回も楽しみです。


 plugnet

 

 まゆむしさん、ゆっきーさん、フォレストさんの3人のcrew、plugnetです。
 CDも出されていて → こちら。
 随時、情報に関してはHPの方で更新されているみたいです。





 ニコニコ動画に投稿されているPlugnet名義の曲はこの2曲ですね。
 毎回ライヴを見ていて、単純に楽しいので本当に楽しみです。
 

 RESTA

 

 beat magazine SCUBAのインタビューで自身のスタイルや考えについて語っていたRESTAさんです。
 自身のアルバム「LOOOSER」も出されていまして、↓(試聴できます)
 


 新しいジャンルを開拓しようとしているんではないかと一個人として期待しているので、
 今回のライヴでの注目株なことは間違いないと思います。


 リヒト

 

 beat magazine SCUBAのインタビューにて、そのスタイルを語ったリヒトさんですが、
 キャッチーなのに、dopeという聴き易い上で、自分のスタンスを崩していない辺りが好印象でした。
 そんなリヒトさんのこのNRLでアルバムを出されますよ!
 詳しくは、リヒトさんのブログへどうぞ。






 もうとにかく格好いいです、特に2曲目。
 人の情熱の熱さがverseから滲み出てくるようです。


 UZURA

 ニコニコ大百科に載っていたり、
 自身のアングラレーベル「鶉企画」のオーナーでもあり、
 このブログのリンク先である「富士の山頂」の管理人でもあるUZURAさんです。

 

 以前のNRLでは ↑ こちらのアルバムを物販で出されていたので、是非チェックですよ!
 

 小原

 

 東京のイベントでDJをされていることが多かったのですが、自分は一度も足を運べたことが無いので、
 今回、NRLでDJをされるのを見れるのが初めてなので、楽しみです!


 らっぷびと

 

 もはや、説明不要と言ってしまいたいぐらいなのですが、一応、プロフィールはこちら
 
 

 

 コミックマーケットで自身のアルバムを販売したり、
 世界中から国籍、年齢、性別、ジャンル、全てを無視した、
 コンピレーション「Rapstar Compilation」を企画・運営担当もしていて、
 ネットラップ界をリードする存在だと思います。

 毎回NRLでは、feat相手がいる曲が多いのはここだけの話です。 


 Cherry Brown a.k.a Lil'諭吉

 

 マイリストを見て頂くと、ご理解いただけるのですがニコニコ動画への投稿数が結構ありますよねw
 ニコラップタグがついていないものが多いので今まで注目されなかったのかもしれません。
 track提供もされていまして、↓

 

 最近だと、

 

 こんなこともされている方ですが、当日はどんなセットリストで来るんでしょうか。
 本当に楽しみでしょうがないですね!


 MINT


        
 ニコラップにMINTさんがやって来た!?と話題になったのはこちらの動画。
 投稿者は別の方なので、そんなことはなかったのですが(投稿者は不穏な砂時計という方です)
 現場で活躍されている方なだけに、驚きました。

 NRLを前に見に行きたかった関西・大阪であったライヴがこちら

 ↓

 

 楽しそうですよね!!(行けなかったザレ
 このライヴがNRLでも実現すると思うと夢みたいです。
 NRLにとって、初めての外部の方がやって来られるということで、
 その辺に関して、出演者の皆さん、緊張が走っているとかいないとか!(適当に言うな

 
 以上で、出演者紹介を終わります。
 この記事だけ、明らかに1日で終わる量ではなかったので大変でした……。
 これから見に行くかどうか決める、もしくは悩んでいる人にとって参考になれば嬉しい限りです。
 mixiやブログ、ツイッターなどでこの記事を宣伝していただけると尚、嬉しいです。
 して貰えたら、たぶん、嬉しさのあまり、泣きます(ぇ

 ザレも、もちろんNRL vol.3行きますよ! 
 物販ではリヒトさんのアルバムがここでしか購入できないという話なので、物販も要確認です!
 最後に情報を確認しましょう。

 場所はshibuya Milkywayです。地図 → こちら

 時間はOPEN/START 16:00で22:00でcloseなので、未成年の方でも楽しめます!

 ADV/DAY ¥2,000/¥2,500(+1D¥500)なのですが、nrl_info@yahoo.co.jpの方に、
 名前を明記の上でメールすると前売り料金で入れます! 詳しくは→こちら

 
 そして、直前のNRL記事となってしまい申し訳ないです。

 ここまで見ていただいて、お疲れ様でした!!

「戯言=X」 06 変わらない牢獄の中で feat. リッポの裏話。



 と言うわけで、2010年12月24日に発表された自身のアルバム「戯言=X」の、
 06 変わらない牢獄の中で feat. リッポの経緯や、裏話等々を記していきたいと思います。

 まだ、アルバムをダウンロードされていない方はこちらからどうぞ。
 暇があり、興味がある方だけ続きを読むから見ていってください。


 ↓


続きを読む

「戯言=X」 05 世界はアイディアに満ちている。の裏話。



 と言うわけで、2010年12月24日に発表された自身のアルバム「戯言=X」の、
 05 世界はアイディアに満ちている。の経緯や、裏話等々を記していきたいと思います。

 まだ、アルバムをダウンロードされていない方はこちらからどうぞ。
 暇があり、興味がある方だけ続きを読むから見ていってください。

 ↓


続きを読む

ニコラップ(個人的)オブザイヤー2010


 リンク先「beat magazine SCUBA」の方で、ニコラップオブザイヤーという記事があったので、
 リスナーをずっと続けてきたザレもこの場を借りてやらせていただこうと思います。

 【1】「ニコラップオブザイヤー」
 あらゆる見地から見ていちばんヤバかった曲を。



 1つに絞るのに、物凄く悩みました。
 ですが、ただヤバいという意味合いでは、この曲を超える曲はなかったと私的には思っています。
 ヤバい面子に、ヤバいtrack、ヤバいrap、これをヤバいと言わずになんというのでしょうか。
 個人的には、maho-さんが初コラボを果たした作品でもあります。


 【2】「ニコラッパーオブザイヤー」
 今年一番かましてたと思うMCを。

 

 

 間違いなく、おちやめさん。
 1月のちょっちゅねでザレに衝撃を与えたかと思えば、気付けば信者になっていました。
 上記の、2曲目は何度再生したか解ったものじゃありません。


 【3】「TM(トラック提供)オブザイヤー」
 今年一番だったTMを。

 

 

 これも凄く悩みましたが、Hakobuneさんで結論が落ち着きました。
 TMとしても優れている上に、いつも凄い企画を裏で動かしていらっしゃったHakobuneさん。
 2010年の後半の話題を掻っ攫っていったNEXT SEASONは言うに及ばず。
 次点は大吾病さん。

 

 使われた数もさることながら、魅力あるbeatを毎回作っていると思います。
 ザレもお世話になりました。


 【4】「アルバムオブザイヤー」
 一番良かったDEMOアルバム(zip,CD-R問わず)作品を。

 このブログの記事でも取り上げさせていただきましたが、→ こちら
 みかんストリート2(現在は、廃盤になっています)を推させていただきます。
 電波少女の「廃盤」や、en;Dolphin Recordsから「CLip Service」と悩んだのですが、
 個人的には変化球よりストレートが一番好きなので、たまらない1枚でした。
 05 ”E"METH は未だに名曲。
 07 言葉の遊園地/DISRY&水無MOON&ak-z&POLO&ハイパーのんMC&RIPPO&Kay-7&雷頭が、
 空也MCさんのCDに収録されたのが廃盤の理由とのことです。
 

 【5】「来年くるよ!オブザイヤー」
 来年以降有望な人を。

 今現在、ラップが上手い人は既に注目されていると思うので、凄く個人的ですが、

 

 
 
 togarinezumiさんを推します。
 ご本人が音質(笑)とおっしゃってますが、真摯な言葉に荒削りでも伝えようとする姿勢が好印象でした。
 こういうヴァイブスはいいなぁと思ったので、2011年どんどん成長していただきたいです。


 【6】「イベントオブザイヤー」
 今年行って一番楽しかったニコラップ系イベントを。

 集結やニューカマーズも楽しかったですが、やっぱりNRL vol.2ですね。
 ラップ同好会、次郎(仮名)、ニコメンドライヴからリッポ、の3名が見れたのは嬉しかったです。
 NRL vol.3も行きますよ!


 【7】「ニュースオブザイヤー」
 今年ニコラップ・ネットラップシーンいちばん印象に残った出来事を。



 やっぱり、ネットラップ=ダウンロードだから無料!という自然な流れが、
 リスナーの方が、お金を払わないのが当たり前という常識を勝手に作っているような気がしたので、
 こういう動きは貴重だと思います。ザレも購入させていただきました。
 値段に見合った内容になっていたんじゃないでしょうか。
 vol.2が楽しみで仕方がありません。 

 そして、次点でSkypeMCBattleですね。
 ネットならではのイベントなので、どんどん悪いところも改善されてきているので、
 全然不満の出ないイベントになりつつあります。
 現場の人も参加したとかしなかったとか。
 ラップのフリースタイルだけが評価の対象なので、人一倍厳しいBattleかもしれません。
 

 【8】最後にひとこと
 今年を振り返ってひとことください

 2008,2009年とニコラップを見てきた自分にとっては、
 ニコラップ・シーンが一つの現場!というイメージが強くなってきたように思えます。
 それがザレとしては良かったのか悪かったのかが未だによく判っていません。
 ザレの考えが曖昧ということではなく、それだけシーンがどちらに傾いてもおかしくないということであり、
 不安定な状態にあると思っているので、現場の人たちが入ってきたりしても、
 ネットラップの人が現場に出て行ってもおかしくない現状が出来ればいいですね。 


 【9】プロフィール
 アーティストネームやペンネームなどを記名ください。
 コメント、宣伝・コンタクトのアピールも。

 ニコラップが誕生する前から、ラップの動画をニコニコ動画で検索していた古参リスナー(少しプレイヤー)
 名前はザレと呼ばれることが多いですが、フルネームはZAREX。
 mixiはこちら
 ニコニコ生放送はこちら
 ニコニコ動画に投稿しているのは、以下の2曲。

 

 

 そして、このブログで、2010 12 24にアルバム「戯言=X」を発表&配布。

 01 Are U Ready?
 02 HERO
 03 ガラクタも夢を見る。
 04 ふらいあうぇい!!
 05 世界はアイディアで満ちている。
 06 変わらない牢獄の中で feat.リッポ
 07 NO LOGIC NO LIFE
 08 friend?
 09 今昔映写機 feat.次郎(仮名)
 10 good time
 11 Break off
 12 Daily life feat.ぐっつぁん(fromラップ同好会)
 13 冬の打ち上げ花火
 14 outro
 
 ダウンロードはこちらから。


 と言う訳で、少し遅れましたが、ザレもやらせていただきました。
 他の方の見ましたが、やっぱり個人的な意見が多いので分かれますねw
 もちろん、それが当たり前といえば当たり前なのですがw

 今年がニコラップにとって成長の年でありますように願っています。
 



「戯言=X」 04 ふらいあうぇい!!の裏話。


 と言うわけで、2010年12月24日に発表された自身のアルバム「戯言=X」の、
 04 ふらいあうぇい!!の経緯や、裏話等々を記していきたいと思います。

 まだ、アルバムをダウンロードされていない方はこちらからどうぞ。
 暇があり、興味がある方だけ続きを読むから見ていってください。


 ↓


続きを読む

プロフィール

ZAREX

Author:ZAREX
サークル「ザレごま炒め」
言葉・文章・小説 担当
Fracreatal Studio事務担当
関西シリーズ 主催

アイコン画像はarisaさん作
(@arisa_2742)
2016年07月18日更新

検索キーワード:

ニコラップ
ネットラップ
日本語ラップ

2010年12月24日
アルバム「戯言=X」発表。
ダウンロードはこちらの記事から

配布終了

ZAREX 音源や参加曲
こちらの記事 から

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク