album「Sync」



 トラックメイカーMimosa Pudikaさんが、アルバム「Sync」を無料配信


 1.Atra 01:48 
 2.Jimanzi 03:41
 3.Qix A0 Nine 02:10
 4.Satellite-X 03:06
 5.Luvi 02:02
 6.I.C.R.F 02:51
 7.Aom 03:51
 8.Modul 416 02:30
 9.To 01:49
 10.Rangjam 02:49
 11.If 01:23


 普通に部屋で聴くにももってこいの内容でした。
 ご馳走様です、っということでザレのブログでも宣伝させていただくことに。
 無料であるのが勿体無い!

 是非、どうぞ。


今日の1曲。



 ZONE THE DARKNESS/『誰だ』~佐々木 のぞmix~feat.バラガキ/pro.PUNPEE

 


 ZONE THE DARKNESSの2ndアルバム『The N.E.X.T.』に収録された『誰だ』のリミックスバージョンの、
 PVが完成したそうなので、このブログでも宣伝!
 もうtrackからしてたまらないですね。

 是非、どうぞ!


今日の1曲。



 KEN THE 390「What's Generation feat.RAU DEF,SHUN,KOPERU,日高光啓 a.k.a. SKY-HI」

 


 それぞれ皆さん格好良いと思います。
 個人的にはKOPERUですね。
 ”RockでもないがPopでもないんだ ろくでもない紛れもなくHIPHOP”のラインが熱い!

 是非、どうぞ。



 

V.A. - We Got It




 http://rokjoma.bandcamp.com/album/we-got-it
 Release : 2011 27th February
 
 イエローレコーズ4年振りの新作リリース
 ココでもお馴染みの面子が外に向けて発信するコンピレーション
 Rokjoma aka kerberos, Osurek Bertop, 9zo0, Madhandmade, Bugseed,
 Mizube, Yoshinuma, Otomisin, Gudamanss, Salty,
 Nekozebeats, Voldmars, 696, Ghost Cheek

 
 YOUTUBE⇒ http://www.youtube.com/watch?v=1jncdsXgNbw

 



 ニコニコ動画⇒ http://nine.nicovideo.jp/watch/sm13693748

 


 っという訳で微力ながら宣伝させていただきました。
 面子的に見ても間違いない人たちです、必聴だと思います!


 

”milky way railway”



 ニコラップでも毎回ツボなtrackを作っていらっしゃるasamiyaさんが
 ”milky way railway”を公開されました!

 ↓

 ”milky way railway”


 途中の展開がたまらなく好きです。
 皆さんも是非、聴いてみて下さい。

nrl vol.3のコンピレーションアルバム「nrl vol.3 compilation」無料配信。



 ニコラップの最大のイベントこと、”NRL”で配布されたコンピレーションが無料配信ですよ!

 「nrl vol.3 compilation」zip

 あと、NRLvol.3でゲストで参加したCherry Brownさんが新曲を出されています!

 ↓

 


 この感じが癖になりますw

tofubeats「baby girl E.P.」無料配信



 tofubeats「baby girl E.P.」無料配信

 ↑

 2011/02/16 free download
 1.BABY GIRL(inst.)
 2.BABY GIRL(with vocal)
 3.BABY GIRL(dj newtown rework)

 ダウンロードはページに飛んで落としてみてください。


 


 



 

挑め Remix feat. 千晴 & LITTLE & SONOMI



 色んなremixが来ていますね。
 youtubeで「挑め Remix」と検索してみるとたくさん出てきます。
 その中の1つがこちら。

 ↓


 



 これと、KREVA 挑め Remix feat. MCU & LITTLEのバージョンとでは、
 LITTLEのverseが違っているとの事です。
 どちらも是非、聴いてみて下さい!


『RAP BLEND』が熱すぎます。


 公式HPの方でも情報公開がありましたしツイッターやボイス等々で騒がれているので、
 知っている方が大多数だとは思いますが、らっぷびと先生が2nd albumを出されますよ!
 以下、詳細です。


 『RAP BLEND』


RAP BLENDRAP BLEND
(2011/04/13)
らっぷびと

商品詳細を見る


 発売:2011/04/13
 レーベル:dmARTS
 曲数:全15曲
 価格:¥2,300

 01 Intro
 02 Masterpiece
 03 Fire◎Flower / らっぷびと×halyosy
 04 神繰コミュニケイション feat. 大槻ケンヂ
 05 テクノブレイク feat. タイツォン
 06 GAMEBOYZ feat. TKC from SD JUNKSTA, サイプレス上野
 07 dimension's girl
 08 俗・やればできるからやる feat. KEN THE 390
 09 Necralink feat. 普通/FUTOO, 番犬
 10 +Alpha -club culture-
 11 懺・さらば絶望 feat. リモーネ先生
 12 Melody Rain feat. 祭屋
 13 アシタヘ / らっぷびと×clear×ryo(supercell)
 14 終わりよければ全てよし
 15 とある世界の音楽家

 Pro: takarot, halyosy, NARASAKI, Novoiski,
 SEXY-SYNTHESIZER, kz(livetune)
 BUZZER BEATS, Buts, EeM, urota, K's,
 ROUND TABLE, ryo(supercell), EIGO


 =概要=
 ネットラッパーらっぷびとの約2年ぶりとなる
 2nd フルアルバムが遂にリリース!
 ryo(supercell), clear, kz(livetune), タイツォン...
 そして大槻ケンヂなど、超豪華客演陣が参加!

 ジャケットを手掛けるのは前回と同じく、
 人気イラストレーターの"Blood Tube"

 様々な枠を取り払ったコラボレーションは、
 ジャンルレスな活動をし続けてきたらっぷびとだからこそ!
 確実に進化を遂げてきたフリーダムラッパー渾身の一枚!

 =Amazonへはコチラから=


 個人的に気になるのは、04 神繰コミュニケイション feat. 大槻ケンヂですね。
 ザレがらっぷびとのラップを初めて聴いたのが「人として軸がぶれているらっぷ」なので、
 元を作ったのが大槻ケンヂさんなんですよね。
 今回はどちらが引っ張って作ったのかも気になる限りです。
 もちろん、らっぷびと大先生だとは思いますけどもw

 そして、

 
STARSTAR
(2011/03/02)
RIP SLYME

商品詳細を見る



 こちらRIP SLYMEのアルバムも発売が近づいているということで!
 アルバムから1曲紹介です。

 ↓
 


 

『御冗談』でshow?



 


 3/9 発売の『ロマンのテーマ』より先行発表曲である「御冗談」のPVが来ましたよ!
 もうintroからのめり込んだかと思えば、trackが個人的にツボだったのでたまりませんでした。
 ラップが渋カッコ良い……!

 是非、聴いて見て下さい。


KREVA「挑め」Remix Da.Iver.


 KREVA「挑め」のRemixに挑んでみたよー! 追記あり!

 から、

 挑め(Da.I Remix)

 と、

 挑め(挑んだRemix)

 の2つのremixが発表されています。
 是非、どうぞ。

 そして、術の穴から、

 

 FragmentさんのRemixも来ていました!
 是非是非、どうぞ!


カバーやremixの話。



清水翔太、ニュー・アルバム『COLORS』で尾崎豊の名曲をカヴァー(TOWER RECORDS ONLINE)


 


 個人的な話なので収納します。
 興味がある方だけどうぞ。

 ↓ 


 

続きを読む

「眺め」発売日!


 さぁ、以前、このブログでも取り上げたKREVAさんのシングル「眺め」が本日、発売ですよ!
 ニュースにも取り上げられた程、話題になっているので期待が高まるばかりですね。






挑め 【初回限定盤】挑め 【初回限定盤】
(2011/02/16)
KREVA

商品詳細を見る


 
1. 挑め
2. ベステンダンク
3. 挑め (Remix) feat.MCU & LITTLE
4. 挑め (Inst.) -bonus track-
5. 挑め (TV ver.) -bonus track-
6. 挑め (Acappella) -bonus track-


 それもそのはず、KICKTHECANCREWのメンバーで3曲目にてremixがあるのは間違いないですよね。
 活動再開!ということではありませんし、面子が良い=良い曲になっているとも限りませんが、
 やっぱり、KICKTHECANCREWのファンの方にとっては面子が揃っただけで嬉しい限りですねw

 そして、CM映像のメイキングも来ていました。

 ↓

 

 
 変に凝っているPVより曲の内容のようにストレートで凝っていない方が個人的に好きですね。
 解りやすさが大事なことがよく伝わってくる制作風景でした。
 そうそう、remixと言えば、KENTHE390さんもこの曲をremixなさっていました。

 ↓

 


 タイトルも「急げ」というremixとしては最速ではないでしょうかw
 ニコラップの方々もremixしているのを見てみたいですね。


 

tofubeatsさんのremix


 


 tofubeatsがFPMのリミックス曲他2曲を公開されたので、ザレのブログでも宣伝です。
 Remixアルバムのフリーダウンロードもしているみたいなので、こちらも是非。

【PV】深海魚 / vongaku




 


 リアルでのお付き合いもあるchoriさんの所属する、
 chori、Geskia!、Paranelによるユニット 音楽+文学「vongaku」から、
 2008年に全国リリースしたアルバム「球体に言葉を綴るカラス」から「深海魚」のPVが完成しました!
 とのことなので、ザレのブログでも宣伝させていただくことにしました。

 文学の良さと、音楽の良さが見事に融合している1曲に仕上がっていると思います。
 個人的にPVの映像が好きですねー。
 是非、見てみてください。
 

 

宇多丸師匠、おめでとうございます!



 RHYMESTERのMCで有名な宇多丸師匠が入籍されたということで、おめでとうございます!!
 本当は昨日の記事でやりたかったのですが、Versedayの1ヶ月前と被ってしまったのでw

 一応、情報元も ↓

 RHYMESTER宇多丸、本日入籍!渋谷ライブで電撃発表(ナタリー)

 RHYMESTER・宇多丸、入籍を発表 (オリコン) - Yahoo!ニュース

 ライムスター宇多丸、入籍を発表! - ROCKIN'ON JAPAN 編集部日記 ...

 RHYMESTERの宇多丸、入籍を発表 ニュース-ORICON STYLE-


 mixiに登録されている方はmixiニュースにもなっているので、
 J-hiphopを聴いている人なら既に確認されていることだと思いますがお祝い事ですのでw


 

 

 
 この曲を歌っていた師匠が……!!
 とにかく、おめでたいですね。らっぷびと先生と言い、最近はこういうニュースが多いですねw
 RHYMESTERのアルバム「POP LIFE」も楽しみですし、これからの活動も頑張ってください!


 
POP LIFE(初回生産限定盤)(DVD付)POP LIFE(初回生産限定盤)(DVD付)
(2011/03/02)
RHYMESTER

商品詳細を見る


1ヶ月前ですよー!


 
 本日の更新日がちょうどイベント1ヶ月前になりました。
 ニコラップ初期から活動していたせまさん主催の「Verse day」2回目があります。
 今からでも予定を合わせて是非、足を運んでみてはどうでしょうか。

 詳細は以下の通りになります ↓


 2011年3月12日(土)
 「Verse DAY」
 @Border 14:00~
 広島市中区流川5-3 岡部ビル3F

 前売:¥1500(1DRINK ORDER)
 当日:¥2500(1DRINK ORDER)

 <DJ>
 MarGenal
 小原ユウヤ(OSFC/みずほ台ハウス)

 <Live>
 BASEMENT-1
 青春やえざくら
 RESTA
 小原
 次郎(仮名)
 すぎ
 成金小僧
 雷太(from 國枝UrbanCamp)
 BTS
 pistra
 TelescoPiuM
 絶TMS

 
 そして!
 そのアフターパーティとして以下のイベントも同じ日にあります!
 こちらの方も検討してみてはどうでしょうか。

 詳細は以下の通りです ↓ 


 2011年3月12日(土)
「Beats For Dawn」
 @bar edge 22:00~
 広島市中区流川町8-15-B1

 ¥2500(1DRINK ORDER)

 <DJ>
 SHIMOMURA
 chockee
 pigeondust(TFD/forte)
 まじなる
 有安昌宗
 demi_nyan
 fazerock(Any rec./みずほ台ハウス)


 <LIVE>
 ラップ同好会


 アーティスト紹介や、前売りチケット予約などの詳細は、せまさんのブログにてご確認ください。
 個人的な事ながら、この2つのイベントで「戯言=X」の面子が揃うということなので吹きましたw
 versedayでは次郎(仮名)さん、Beats For Dawnではラップ同好会、お客にリッポというww
 
 ちなみに、ザレは既に前売りチケット予約済みですw
 高速バスのチケットも準備しないとですね。
 以前、足を運ばせていただいた際には、車で乗せていただいたので(汗

 日本の西側を中心にザレも絶対見てみたい人たちが集まっているイベントなので、是非ご検討を!
 

ゆっきーソロミニアルバム『もくもく』&まゆむしチャンネルDVD



 1月9日NRLの物販で販売されたゆっきーさんのソロアルバム「もくもく」、
 まゆむし手作りクッキー 特典「まゆむしチャンネルDVD」の2つを休日と言うことで、
 ゆっくり楽しませていただいておりました。

 前者の「もくもく」の方は、ゆっきーさんのブログの方で通販しているみたいです(汗
 気付くのに結構時間がかかりましたねw
 ラインナップはこちら ↓

 『もくもく』6曲入り \500

 1. MAL(靴みがきrmx)
 2. いきる
 3. もくもく
 4. Girls Lesson
 5. ジャスコ(skit)
 6. Samantha

 ニコニコ動画の方ではソロを挙げていらっしゃらないゆっきーさんがソロアルバムを出すと言う情報を、
 知ったときからどんな内容なのだろうと首を傾げたものでしたが、
 確かに、これはNRLのあの場で販売するのが一番だったのかもしれないと思いました。
 もちろん、いい意味なのですが。

 ゆっきーさんのラップに対してはソロが今まで出ていなかったこともあり、言いづらいものがあるのですが
 真正面から切り込んでいくメッセージから隠喩か暗喩なのかと勘繰らせるようなものから、
 絶対に意味なんてないんだろうなぁwっと思えるものから様々なので、
 plugnetの時と変わらない早口フロウが、多種多様なlyricを繰り出します。

 気になった方は、こちら
 ゆっきーさんのブログになります。

 そして、手作りクッキーなのですが、おいしかったと思います。
 まゆむしさん電波少女の方がゲストに来たときといい、料理が上手ですよね。
 普通に食べてみたいですw

 そして、おまけという名の本編、まゆむしチャンネルのDVDなのですが、
 今まで第10回までの分が収録されている以外にも、オーディオコメンタリーが収録されていました。
 動画の分が長いので続きを読むからお願いします。

 ↓

 

続きを読む

韻踏合組合”前人未踏”



 


 結成10周年で、初のインフミ名義でのオフィシャル・ライブDVDの発売が決まっている韻踏合組合の皆さんですが
 BIG CATでのライブ映像をyoutubeにて公開されています。
 HOOKがぶち上がりすぎて困りますw



今日の動画、『27才のリアル / 狐火』




 


 個人的に一番好きなラッパーさん、狐火さんがついに3rd Album『27才のリアル / 狐火』を出されます。
 2011年4月下旬に発売予定だそうなので、聴いた事がある方もない方もこちらの動画で試聴してみてください。

 

風営法について。




 club culture magazine FLOOR net 特集 風営法について考える

 
 こういうクラヴやライヴハウスに関わる人たちは社会から見れば、常に偏見との戦いな気がします。
 新聞やテレビなどでニュースで取り上げられた際には、あることないことを加えてのつるし上げ。
 それから飛び火していく口コミなどの情報。
 悪い方へ、悪い方へと噂が噂を増幅させ、一般的に悪い、黒いイメージを与えている気がします。

 もちろん、やっている音楽自体が黒いのは否定できません。
 BLACK MUSICとも呼ばれるぐらいですので。
 ただ、やっている人間が全員が悪い連中、キチガイ、ヤンキーの集まりというのがどうかと思います。

 少なくとも、ザレがそこで出会った人たちは良い人たちでした。
 お金も欲しいけど、音楽がしたいという気持ちの方が上回っている人たちがほとんどでして。
 人間性という意味合いでは、生き生きとしていてそのままの状態で年を取って欲しいと願いたくなる程です。

 ラップをしている人、していない人に関わらず見ていただきたい記事です。
 是非、目を通してください。



youtube”KEN THE 390「AFRAとサ上鎮座390~RUN BEAR RUN~」”




 


 超・ラップへの道 / Ken the 390 feat Taro soul & DEJI 、
 続・超・ラップへの道 / KEN THE 390 feat TARO SOUL & DEJI (Produced by DJ JIN) 、
 2つの動画のような、見ていて楽しくなるようなPVってやっぱり好きですねー。
 これも、その1つなのですが、

 


 どちらかと言えば、それを作っている最中のメイキング映像や、舞台裏の映像が好きですw

 前者は、どういう風に作られているかと言うのもありますけども、
 作っている時の顔って人それぞれなので、見ていて凄い同調するものがありますね。

 後者は、ステージに立っていない時の顔がどんなものなのだろうという好奇心からですw
 素の姿は普通の人となんら変わらないのに、ステージに立った途端!と言う人を知ると、
 何故だか、嬉しくなりますw


 

「SCUBA CAMERA 『nrl vol.3』」―beat magazine SCUBA [DIVE!]



 


 beat magazine SCUBAの動画、「nrl vol3」が公開になりましたよ!
 足を運んでいない方も、空気だけでも味わって見てください。


 1分7秒辺り……、
 

 ( ゚д゚)

 (つд⊂)ゴシゴシ

 (;゚д゚)

  ……愛知マンモスがいる!?


 とりあえず、車はワックじゃないですww

【LIVE】ポエトリーリーディングは鳴りやまないっ by 不可思議/wonderboy



 


 昔から、ジャンルやカテゴリー、音楽知識は音楽を聴く上ではいらないと思っています。
 純粋な意味で音楽を楽しめるのはそういう何も知らないリスナーだからです。

 ザレがまだそんなリスナーだった頃に、初めて”音楽”や”ステージ”に出会ったあの時。
 目の前に広がるパフォーマンスの虜になりました。

 そのパフォーマンスが、ポエトリーリーディング。

 周囲の人は楽器やらない分、マイクだけだから楽だよねっと言っていました。
 それは昔、自分が小説を書いていた時に、ショート・ショートって書くの楽だよねっと、
 言われた時の気分と酷く似ていまして。

 ステージに立たされた時。味方は誰もいません。
 それがロックだろうと、HIPHOPだろうと、芸人だろうと、ポエトリーリーディングだろうと。
 その中で存在感を放つということは、紛れもない1つの表現方法として確立しているからです。

 マイクだけということは、一切無駄が許されないということ。
 息継ぎ、滑舌、選ばれた言葉、声質、作り出す世界観、感情の入れ方、言葉と言葉の絶妙な間(ま)。
 失敗が許されないのはどのジャンルでも同じですが、これほど繊細なパフォーマンスはないと思ってます。

 動画は音源用ではないので、ヘッドフォン・イヤホン推奨です。
 あなたにとって好みであるかどうかは解りませんが、ステージに立てば、どんな表現も平等です。
 普段、ラップしか聴かない方も是非、聴いていただきたいですね。



ニコラップ・レビュー2011-01



 1月分のニコラップ・レビューになります。
 毎回ながら、このレビューはザレの独断偏見好みで成り立っています。
 ご了承の程、よろしくお願いします。


 

 明けましておめでとうございますの挨拶で始まる説明文通り、
 このレビューの1つめを飾るのは炎楽さんのニコラップremixです。
 この動画のために、リヒトさんがverseの中で「炎楽みてぇのがいる限り」と変えているという!
 単純にremix集として格好限りでした。原曲の良さが引き立っていると思います。


 

 たぶん、ザレのレビューでは初めてですね。
 最近ではこの動画の曲のようなシンプルさがそのまま前面に押し出されている曲が減っている気がします。
 歌ラップをしている方は昔から見ているので、歌が大半になっていても問題はないと思いました。
 1日の疲れた気持ちに聴きたい1曲でした。


 

 振糸さんの【ニコラップ】basic stance【振糸】のマッシュアップになります。
 原曲はこちら ↓ 
 
 

 原曲の方はレビューでも取り上げさせていただいたので、
 どういうものになるかとワクワクしながらの再生でしたが、期待に応えていただけて嬉しい限りですね。
 個人的にもverseが格好良いと思ったので相性バッチリなマッシュアップではないでしょうか。


 

 テーマが哀愁とおっしゃる通り、哀愁感が満載なtrackとrapが雰囲気をばっちり作っていました。
 お2人の声の相性が交差するverseは相性の良さがそのまま出ていましたし、
 hookも雰囲気満載で、静かな夜に聴きたい1曲でした。
 次回作も楽しみにしています。


 

 ラップを始めて、1年が経ったということで制作された曲とのことで、
 今までの経験やこれから先に対する思いが真正面からラップされています。
 飾っていない言葉が切実で伝わるものがありました。


 

 知り合いを紹介するのは何回やっても恥ずかしいですが、紹介したいので仕方が無いのです。
 自身の現状や、ニコラップの現状を言いたいように言っていると思います。
 それにしても、このtrackかぁwwっとなったのはザレだけではないはずw


 

 やっぱり伝えたいことがある曲は荒削りでも伝わってくるものがあると思っているので、
 感じるものがあったということは、その人に伝えたいものがあったということだとも思っています。
 きっと伝わるはずです、next stageでも。


 

 既に大多数の人に使用されているtrackにも関わらず、伝わるものがあるということは、
 MCや歌い手の方々にスキルがあるということなんだと思います。
 皆さんの安定感も素晴らしいですが、この個性がお互いを引き出しあっているというのが良いですよね。
 個人的にはみるきーさんのverseが好きでした。
 あっという間に聴き終える1曲でした。


 

 個人的にはかるまさんと言えば、毎回ザレのレビューを困らせるお方なのです(ぇ
 動画を聴いた後に、これを記そう!書こう!と決めているのですが、曲の感想が難しいんですw
 ただ、この曲はそんな状態になることはありませんでした。
 HOOKが癖になる1曲でしたねwかるまさんの声も癖になるんですよねw


 

 これが初投稿になるPAIGEさんです。
 全体的に聴きやすい1曲になっていたと思います。
 声質やフロウ、ライムなどどれを取ってもキャッチーで最初から最後まで聴けました。
 次回作も期待ですね。


 

 beat magazine SCUBAの振糸のらじお「なりきり☆ぱーりーぴーぽー」第01回でも紹介された1曲です。
 前々からskystさんの作品を紹介している気がしますねw
 独特なフロウと声質がトラックと絡み、優しい気持ちにさせてくれます。
 パソコンの前で体が自然と揺れていました。


 

 Jillさんの存在は前々から知っていましたが、紹介するのはこれが初めてになります。
 ニコラップの現状やプレイヤーに対する内容が頷けるものが多かったので紹介させていただきました。
 DISというより、気付いて欲しいという気持ちが強いように思えたので、
 ラヴソングとおっしゃるのも頷けました。ニコラップ界隈の方は必聴です。


 

 ……たまらないですねー(ぇ
 時代を感じるのは声質とフロウとlyric。trackは言うに及ばず。
 要するに全部なのですが、人によってたまらないんじゃないでしょうか。
 たまらない人はコメントする前にマイリスした証拠が、マイリス数になって表れていますねw
 

 

 誰でも初期衝動ってあると思うのですが、それを形から伝わってくるかと難しい話なんですよね。
 どうしても今の状態から脱したい気持ちがそのまま出しているだけなら簡単なのですが、
 その現状にある問題や課題を意識している辺りが曲から感じ取れました。
 next stageで成長した姿をお待ちしています。


 

 動画の歌詞が小さいのは言わないお約束です。
 それを差し引いても、全員歌詞が無くても聴き取れる曲なので問題ないと思います。
 ライヴで行うとしたらぷちゃへんざしたくなるHOOKに、それぞれの哀愁込めるラップが1つになっています。
 musaさんのtrackもたまらないです。


 

 BTSさんのこのtrackをブログで紹介させていただいたので、
 再生した瞬間、このtrackか!と思った途端にえすてるさんのラップに虜になりました。
 勢いのあるラップもたまらないですが、やっぱりHOOKですね。凄い特徴的で耳によく残りました。
 verseも途中で飽きないようにする工夫というか、小技が利いている部分が多く、ゴアアアア(ぇ


 

 番犬×雨天決行-WORLD WIDE WORDSを聴いていたザレとしてはこのtrackか!となってしまいましたが、
 オリジナルを知らない方でも楽しめる1曲になっていたんでしょうか。
 ネットでのラップ、現場でやるラップについてラップされています。
 何より楽しそうなのが伝わってくるのが良いですよね。どっちも楽しいのが伝わってくる1曲でした。

 
 

 ここがニコニコ動画という動画投稿サイトという舞台であることを思い出させてくれるのは、
 毎回クオリティが高く、センスを感じさせる寛治さんの動画ですね。
 そして、個人的に大好きなmaho-さんがついにコラボレーション第2弾です!
 前回はそれぞれのverseを担当する1曲でしたが、
 今回は完全に寛治さんとmaho-さんの2人でしか出来ない1曲となっています。
 フロウ的な意味合いで聴いても、アップダウンがありたまらない1曲でした。
 そして、maho-さん最後w


 

 シロさんのこのtrackの曲を紹介することになっているのは間違いないということの証明ですよね。
 大猫さんが切り込み、hattoriさんへ繋ぎ、starscreamさんがラップして……、
 というマイクパスが綺麗に決まっていて、聴いていて安定感があり落ち着いて聴けました。
 動画もそれを相乗させるようにクオリティが高く、良かったですね。


 

 安定感のあるラップで淡々としているように思えますが、実のところlyricが勘繰れます。
 トラックと声質の相性と、韻の配置が癖になりました。
 コネクトON。


 

 ニコラップ(個人的)オブザイヤー2010で、ザレが選出させていただいた方です。
 togarinezumiさんの素直な言葉が紡いでいくlyricは聴きやすいといつ聴いても思います。
 このスタイルが1つの個性として、1つの武器として成長をすることを祈っています。


 

 面倒事の雰囲気が別のものとなって、1つの曲として昇華しています。
 原曲と雰囲気が変わっているので、好みが分かれそうですね。
 個人的には、こちらが好みでした。


 

 Trackはbanvoxさんの駆け抜けるtrackの上にも関わらず、
 チェスナットさんのラップが安定したラップが落ち着いて聴けますね。
 キャッチーとは違うチェスナットさんの人柄が出ていて聴きやすくて良かったと思います。


 

 この度、この動画でNOIZEさんとオンレイさんのお2人で「Number」というクルーが結成されたそうです。
 個人的に好きな2人なので期待する一方なのですが、DEMOとしても素晴らしいクオリティでした。
 説明文にダウンロードのURLも貼られているので、是非落としてみてはどうでしょうか。


 

 以前から作品は拝見させていただいております。
 HOOKが特徴的で耳に残り、テーマも面白く、1曲として楽しめました。
 次回作も期待しています。


 

 お久し振りです、といってもオリジナルの方で投稿されていましたね(汗
 独特な色を持たれるハッカさんがこの度、3つ目のアルバムを出されました。
 動画の方では曲の1部しか聴けないので、
 全て聴きたい方は、説明文の方にあるzipを是非落としてみてはいかがでしょうか。


 

 今回のレビュー、ラストを飾るのは文鳥さんです。
 はい、ザレも同じ経験をしたので凄く気持ちが解るというのもあったので取り上げさせていただきました。
 作品ごとに、自身のスタイルを変えることが出来るのは凄いなぁとは思いますが、
 毎回のクオリティが下がっていることもなく、毎回高いのが凄いですよね……。
 

 
 っということで、2011年初のニコラップ・レビューでした。
 ツイッターも始めましたし、いい曲の見落としがないといいのですが……。
 ここまで見て頂いて、お疲れ様でした!


JACK YOUR PLAY LIST レビュー。


 
 NRLで購入させていただいたリヒトさんの「JACK YOUR PLAY LIST」を何度も聴いているのですが、
 何回聴いても良いなぁっと思ったのでレビューさせていただきますね。
 *リヒトさんを知らない方はbeat magazine SCUBAのインタビューをご覧ください。
 
 とはいえ、今まで発表されているものが中心の構成になっています。
 聴いたことがない方は、記事内の動画等で試聴してみてはどうでしょうか。


 01 今に解る ←NEW

 こちらはどこにも発表されていないアルバム音源になります。
 内容からしても過激というものではないのですが、リヒトさんの正直なlyricがありました。
 プレイヤーとしての姿がそのまま感じ取れる、いや、今に解る内容ですね。
 同業者の方や業界にも触れているのでアルバムの1曲目として良いスタートが切れていると思います。
 verse3はプレイヤーでなくても、頷けるものがあると思いました。
 
 02 東京ショッピングストリー

 

 あれ? タイトル間違えてない?っと読者からツッコミが来そうなのですが、
 CDケースの裏にはこう表示されていました。たぶんミスだと思っています。
 ラップスター咲でも紹介されたこの曲なのですが、coolに東京のショッピングが曲だけで楽しめます。
 動画の方は更に、解りやすくなっていますので是非試聴してみてください。

 03 海の見える町

 

 NRLで購入した方には動画が入っているDVD-Rが付いていたのですが、
 ニコニコ動画で削除されていた動画が入っていました。
 リヒトさんは評価されるべきだとは思いますが、3216さんも評価されるべきだと思います。
 
 音源なのですが、やっぱりhookが心地良いですよね。
 verseの駆け抜けるラップが、風景とシーンを映し出してくれます。
 これは動画と一緒に見て欲しいのが本音ですね……。

 04 ポーカーフェイス

 

 この動画にタイトルが付いたのが、この音源ですね。
 ニコラップ・レビューをしていた時に取り上げたことがあるので、個人的には懐かしいですw
 各業界に対してメッセージ性の強いラップになっています。
 言いたいことを言っていただいているので、どういう内容かは言いませんw

 05 性格ビッチ

 

 いますねー(ぇ
 もうタイトルから内容を察することのできる音源です。
 ただ、それには一つの説得力が必要でリスナーを納得させないといけないと思いますが、
 内容が生々しく、嫌でも納得できると思います。

 06 メリー

 

 いわゆる、緑の悪魔です。
 こういう内容は実感が湧かないのが本音なのですが、リヒトさんがcoolにラップで伝えます。
 hookは聴こえはいいですが、その実のところは深いものになっています。
 勘違いされる方もいるんじゃないでしょうか……?

 07 それでも彼はバルセロナを目指す

 

 リヒトさんのキャッチーさが最大に出ていると個人的に思ったのはこの曲でした。
 もちろん、HOOKもそうなのですが、verseに出てくるストーリー展開が必要最低限の言葉で構成されています。
 心地良いtrackの上で、駆け抜ける物語がたまりませんね。
 静かな夜のお供に聴きたい1曲でした。

 08 とある飛空士への追憶

 

 ニコニコ動画で反響が大きかった1曲なのですが、元ネタがありまして。
 ガガガ文庫から出ている、とある飛空士への追憶というライトノベルが元ネタになります。
 読んでいない方は、少し置いてけぼりかもしれません。
 ただ、感じ取れるものがあるのは間違いない事実。
 これが、ラップ?ポエトリー・リーディング?表現方法の定義はいいんです。
 感じ取れるものがあるから芸術です。

 09 シークレットガーデン←NEW

 こちらもアルバムのみの音源になります。
 シークレットガーデンの場所であった過去と、ある1人の人物との内容です。
 これは本当に内容を言ったら聞く人をげんなりさせることになりますし、言える内容でもありません。
 聴いて確かめていただきたいです。
 ただ、最後の一言、リヒトさんが呟く瞬間、たまらなく切なくなりました。
 試聴もできないので、本当にこの曲のためにも買ってほしいものです。

 10 for sure one day

 

 NRLでも披露された曲なのですが、リヒトさんが本物のHIPHOPな理由の1つがここにあります。
 リヒトさんの原点やスタンスが反映されている1曲です。
 ライヴで聴いただけにたまらない1曲ですが、初聴でも問題ありません。
 リヒトさんの曲には切実な思いと、聴くものを納得させる熱いverseを感じ取れますが、
 この曲が個人的には一番感じました。

 11 I'm still here

 

 こちらもNRLで披露されていた1曲です。正直、泣いてました。
 リヒトさんのhiphopに憧れた10代から現在のスタンスになるまでが理解していただける1曲です。
 動画で始めてみた時も感動していました。
 リヒトって誰? ラップって何?という人でも大丈夫だと思います。
 ところどころの単語が解らずとも、曲から感じ取れる内なる情熱がリスナーに届きます。

 12 ひぐらしの鳴く頃に

 

 投稿されて間もない頃にリアルタイムで動画を見ました。
 その頃は知識や経験が足りていないのもそうですが、
 ザレ自身がポエトリー・リーディングから来た人間なので、そっち方面の方なのかと勘違いしていました。
 
 本当にひぐらしの鳴く頃に聴きたい1曲になっていると思います。
 リヒトさんの遠い夏の記憶がフラッシュバックされる内容になっています。
 
 13 ???

 最後は曲名が無く、歌詞表示も作者の意向により掲載されていませんでした。
 ひぐらしの鳴く頃に、の後に来ている辺りが良いですよね。
 アルバムを全部通して聴いた人にとっては必要で、繊細な言葉がこの中にあったと思います。
 アルバムの1曲としてはこれは必聴です。


 以上で、レビューは終了です。いかがだったでしょうか。
 現在、リヒトさんのブログにて通販がやっているみたいなので、購入したい方はこちら
 価格は1000円になります。是非、お勧めです。
 キャッチーでドープなHIPHOPがここにあります。

 
 

自身の宣伝。



 自身の宣伝をすることがあるので記しておきますね。
 まず、自身のアルバム「戯言=X」の裏話を1つにまとめました。
 興味がある方は、以下のリンクから読んでみてください!

 ↓

 「ZAREX album「戯言=X」 完成!!」[追記]


 そして、ご存知の方も多いかもしれませんが、Twitterを始めました(汗
 登録しようとした時に、既に”ZAREX”は使用されていますと言われたので驚きましたw
 ZAREXは使えないので、NRLの日時を足してみました。

 ↓

 http://twitter.com/ ZAREX0109


 宜しければお願いします!



 

振糸のらじお「なりきり☆ぱーりーぴーぽー」第01回



振糸のらじお「なりきり☆ぱーりーぴーぽー」第01回

 リンク先でもあるbeat magazine SCUBAから公式ラジオが始まりましたよ!
 お相手はニコラップでもお馴染み、振糸さんです。

 ニコラップの曲が紹介されていたり、今回の場合、紹介曲:skyst「everyday」
 勝手にコラボ曲:NOBY「まだまだどうやらこれかららしい」っと、
 新感覚なコーナーまであるので最後まで楽しませていただきましたw

 次回も楽しみにしていますねw


プロフィール

ZAREX

Author:ZAREX
サークル「ザレごま炒め」
言葉・文章・小説 担当
Fracreatal Studio事務担当
関西シリーズ 主催

アイコン画像はarisaさん作
(@arisa_2742)
2016年07月18日更新

検索キーワード:

ニコラップ
ネットラップ
日本語ラップ

2010年12月24日
アルバム「戯言=X」発表。
ダウンロードはこちらの記事から

配布終了

ZAREX 音源や参加曲
こちらの記事 から

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク