ニコラップ(個人的)オブザイヤー2016


 2010年から自主的に掲載させて頂いているニコラップオブザイヤーも今年で7回目。
 タイトルにも入れさせて頂いていますが、あくまで個人的な主観であり、感想であり、意見です。
 一読される方はご了承ください。
 
 動画を多く載せているので重いかも知れませんが、
 ご了承していただいた方だけ、以下の、続きからお願いします。
 
 ↓


 





  【1】「ニコラップオブザイヤー」
 あらゆる見地から見ていちばんヤバかった曲を。

 

 マイクリレーとして、1曲のまとまり具合や個々の個性、何度も聴けるかどうかを総合した結果、こちらとなりました。
 展開として飽きさせることがなく、最後の最後まで濃密なverseが聴けるのは稀有じゃないでしょうか。
 動画がなくても音源としても聴ける上に、動画としても言葉遊びが隠されていて楽しませて頂きました。
 
 次点で、

 

 hookの完成度に耳がいってしまいそうですが、verseの全体の雰囲気を締める内容が凄いなと思いました。
 何度も聴きたいなと思ったので音源も落とさせて貰いました。まだの方は是非。

 最後に、

 

 これは、ズルい。
 ニコラップ古参にはたまらない1曲。
 lyricのネタの仕込み具合が見ててエモいという・・・。 


 【2】「ニコラッパーオブザイヤー」
 今年一番かましてたと思うMCを。

 webnokusoyaro

 

 

 

 もう間違いなく、この方でしょう。
 ニコラップをチェックしている人で知らない人はいないと思います。
 タイトルで確実に他とは違うとわかりますし、内容に関してbeatに対しての確実なアプローチ。
 中毒性の高いラインを生み出し、フリースタイルなのか作り込んでのラップなのか混乱させる内容。

 アルバムも出しています。
 チェックしてみてください、2017年も間違いなくカマしてくれることでしょう。天才。

 1枚目のアルバム
 http://newpoplar.blogspot.jp/2016/03/blog-post_22.html

 2枚目のアルバム
 http://newpoplar.blogspot.jp/2016/06/webnokusoyaro.html

 次点で、チマミレくん。

 

 ”wepon THE music! 押し寄せる夜に唯一無二のフローでnext revel”

 出てきた初投稿では物議を醸したフロウが今では”チマミレの2番煎じだろ”と言い回しが出てくるほどに。
 またソロ作品があればチェックしていきたいですね。


 【3】「TM(トラック提供)オブザイヤー」
 今年一番だったTMを。

 PANDAILLBURNING

 

 
 
 毎回恒例となっている企画の発案者でもあり、アルバムも出されたパンダさんですね。
 ネット上で音源が出来上がっていく様をリアルタイムで見ることの出来る稀有な機会なのでいつも楽しみです。
 アルバムがまだの方は是非!


 【4】「アルバムオブザイヤー」
 一番良かったDEMOアルバム(zip,CD-R問わず)作品を。

 

 DLはこちらから → http://bit.ly/2chFcmi

 PVとなっている3曲目が特に好きなのですが、制作の指揮をとられているBTSさんの色が全面に出ていると思いました。
 その上で、振れ幅をどこまで持っていくかという点にチャレンジしていることが垣間見えて楽しませて頂きました。
 是非、聴いてみてください。
 
 あと、昔と比べてBTSさんの声に艶が出てきた気がします(ぇ



 【5】「来年くるよ!オブザイヤー」
 来年以降有望な人を。

 
 
 普段は、フリースタイル放送などをしていたりなHinoくん。
 
 

 kerpくんの声質ってズルい。
 ほんとズルい。

 2人共これからガンガンスキルが伸びると思うので、是非音源に誘ってみてください!



 【6】「イベントオブザイヤー」
 今年行って一番楽しかったニコラップ系イベントを。

 CyvOlZnUcAA07e5.jpg

 DAM-Tさん主催のイベント、DopeTechnology(ドープテクノロジー)ですね。
 記念すべき10回目に足を運んだのですが、個人的には番犬さんのDJがエモすぎました。
 やまださんの初ライヴも見れて嬉しい限りでした。



 【7】「ニュースオブザイヤー」
 今年ニコラップ・ネットラップシーンいちばん印象に残った出来事を。

 ZEIIITAが結成したことですね。
 ニコラップでの投稿、現場でのライヴ活動の2つのうち、どっちに振り切るべきなのか。
 それを一番問い詰められている立場にある人たちが出した答えと言いますか。
 誰が納得するのかということではなく、曖昧さを排除するための覚悟や気合い入れに近いものを感じました。
 
 2017年に期待がかかりますね。

 ZEIIITA - Twitter
 https://twitter.com/zeiiita
 
 

 【8】最後にひとこと
 今年を振り返ってひとことください

 ネットが宣伝媒体として使われている以上、必要なツールであることに間違いはないと思います。
 ただし、そこにバックボーンを求めるのか、音楽性を求めるのかとなると話が別です。
 それを踏まえた上での活動や投稿される作品がどうなるのか、突っ込んで言えばスタンスはどうするのか。
 その部分が露骨に形となって現れてきている年になったような気がします。


 【9】プロフィール
 アーティストネームやペンネームなどを記名ください。
 コメント、宣伝・コンタクトのアピールも。

 ZAREX(ザレックス)
 
 このblogの管理人

 → ZAREX 音源や参加曲まとめ

 2nd album「ライトデノベルナゼット」DL → http://www.mediafire.com/file/bvgv0yst5of150h/ZAREX+2ndalbum+%E3%80%8C%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%87%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%8D.zip

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ZAREX

Author:ZAREX
サークル「ザレごま炒め」
言葉・文章・小説 担当
Fracreatal Studio事務担当
関西シリーズ 主催

アイコン画像はarisaさん作
(@arisa_2742)
2016年07月18日更新

検索キーワード:

ニコラップ
ネットラップ
日本語ラップ

2010年12月24日
アルバム「戯言=X」発表。
ダウンロードはこちらの記事から

配布終了

ZAREX 音源や参加曲
こちらの記事 から

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク