「君といる海」 Kaonashi


 

 instrumental by kaonashi
 https://twitter.com/kaonashi222

 きみがいた海
 https://youtu.be/NlYj4kdVfmY

 ~story~

 「さみしいって優しいんだね」

 ふと思い出したように君が呟いた。

  「え?」

  「さみしいって暗くないじゃん?真っ暗闇より夕日のオレンジ色の方が何倍もさみしいもん」
 「ふーん。そうなんだ。良くわかんないけど。」
  「あ!!!!今、バカにしたでしょ!!!」
 君は怒ってたけどその時のボクには本当にわからなかったんだ。
 学校終わり、いつもの場所ででいつものように二人でボーっと海を眺めていた。
 石の階段はその冷たそうな見た目とは裏腹に冬でも日当たりが良くてお互いお気に入りの場所だった。
 二人ともクラスが違ってたから今日、学校であった事とか明日の授業がめんどくさいとかどうでも良い事を喋って なんとなく帰る時間になってまた明日ねって 学校で目立つタイプでも無いしなんの取り柄も無いこんな自分となんでそんな毎日毎日、こっちが心配になるくらいだった。
  そんな毎日をただダラダラ過ごしながら気付けば夏も過ぎ去りかけて街は徐々に上着を羽織る人が増えていた。
 ボクは半袖だったけど いつもの場所、君はいつも先に居たのに今日はボクより遅れてやってきた。
 ベンチに腰かけて、なぜか喋らず下を向いている その時間が理解出来ず先に口を開いた。
  「悪いモンでも食べ」 そう言いかけた時に食い気味で君が少し上を向きながら、こう一言、絞り出すように呟いた。
  「私ね、好きな人が出来たの」 少しの沈黙の後、なんか言わなきゃと思って僕も 「ふーん、良かったじゃん」 と強がった。
  「あ!!!またバカにしたでしょ!!!」 君はいつもの顔に戻って口を膨らませてた。
 少し話しながら歩いた ちょっと風が強くてうるさかった。心の音が漏れてるのかと思った。
 少し先を歩く君の小さい背中を眺めてた。
 なんか泣きそうになって 小さい声で 「どうかどうかお幸せに」 と嘘を呟いた。
 その瞬間に風が強くなって勿論、声は届かなかった。
  「なんか言ったー??」 君がこっちを振り向いて言うもんだからビックリして 「なんでもない」 っていつもの感じで返した。
 徐々に風が強くなってきてくもり空になった。
  この海にピッタリだ。
  「寒くなってきたし今日は帰ろうぜ」 っていつもより早く家路についた。
 いつもはダダをこねたり怒るのに今日は 「うん。」 とだけまたふとした瞬間のさみしい顔をして 君も家に帰った。
 帰った後に君からLINEが来てたけど寝たって事にしようと思って未読無視した。
 なんでだろうってずっと考えてた。
  なんで、 その好きな人との所にでも行けば良かったんじゃないかとか 深みにハマった後に思った。
  「さみしいって優しいんだね」 君がこう呟いたあの日、 なぜだか凄くさみしそうな顔をしていたのを思い出した。
  いつものふとした瞬間の顔とは少し違っていたんだった。
 たぶん たぶんお互い好きだったんだと思う。
 たぶん たぶんお互いわかってたんだと思う。
 たぶん たぶん君も壊したくなかったんだと思う。
 だけど言い出せなくて 確証なんて無かったから 言ったら全部壊れてしまう気がして、言ったら君が居なくなってしまう気がして 気付いて無いフリをした。
 けどそれだけあのいつもの場所がボクの居場所だった。
 君にも居場所だったのかもしれない。
 結果的に自分が壊した。
 ボクが気づかないフリをしてる時。
 君はさみしかったんだろう。
 はなから言い出す勇気が無かったからたぶん 「望まないエンディングを初めからボクは初めから知っていた。」 ぶつけようの無い感情を必死に咀嚼しながら ふとLINEを見ると無視かよ!!!と来てたから ごめん。
 とだけ返してまた布団に入った。
 次の日、学校を休んだ。
 数年後、「君がいた海」に1人で立ってた。
 もういつの間にか記憶も曖昧になって 声もうろ覚えになって 忘れかけて、最後は忘れて いや、もう忘れようと思った。
 もう戻れない「君といる海」

 ~END~

 ~video~

 kaonashi 「どうか、どうかお幸せに」
 https://youtu.be/UqFuM19jgkU

 だーひー 「11月4日」 prod.by Kaonashi
 https://youtu.be/16fU9UxbgXs

 「きみがいた海」 Kissra feat めちまる Trailer
 https://youtu.be/fmhTgMFOPdc

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ZAREX

Author:ZAREX
サークル「ザレごま炒め」
言葉・文章・小説 担当
Fracreatal Studio事務担当
関西シリーズ 主催

アイコン画像はarisaさん作
(@arisa_2742)
2016年07月18日更新

検索キーワード:

ニコラップ
ネットラップ
日本語ラップ

2010年12月24日
アルバム「戯言=X」発表。
ダウンロードはこちらの記事から

配布終了

ZAREX 音源や参加曲
こちらの記事 から

FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク